デスノート 夜神総一郎 最後

月自身はキラをプロファイリングした際に「まだどこか純粋さを持っている」としている声優の宮野真守は「夜神月は一見クールで寡黙ですが、実は面に出さない部分では感情の起伏の多い、アツいキャラクターだと思っています」とコメントしている全国模試一位や東大首席入学など、極めて優秀な頭脳を持つ。高度な情報技術を持ち合わせており、自宅の敵を欺くトリックを考え出す発想力にも優れ、父親に助言して難事件を解決したり、デスノートに関する記憶を失ってもなお、Lに劣らない推理力を披露している。一方、不測の事態に弱い面もあり、メロとマフィアによる粧裕誘拐およびノート強奪事件の際は、相手の思うがままに翻弄されて対処しきれずに最後まで後手に回ってしまい、ニアから痛烈な批判を受けた。 表向きは持ち前の冷静さで感情を出さず、正義感が強く心優しい青年(南空ナオミと対峙した時には明るい青年)を完璧に振る舞うなど演技力にも秀でており、Lに劣らない推理力と論理的な対応で捜査本部からも信頼を得ていた。当初は 日本捜査本部のメンバー全員も本部長の息子というだけで全幅の信頼を置き、その過剰な信頼もLの危機を速める一因となった。 夜神総一郎(父) ... を半分に縮めるのは『神として君臨し続ける』という自分の理想と一致しない」として最後まで拒否し続けた。 ... デスノートを隠し持つために腕時計を改造するなど、細かい作業を幾度も披露し、リュークにもたびたび評価されている。 また、ヨツバ編でも見られる通り元々は女性に対し誠実な性格であり、最初から女性蔑視的であった訳ではない。 異性に対しては一貫して淡泊ないし冷淡であり、利用する対象としか見なしていない。作中ではもっとも、母や妹に対しては(というより家族に対しては)例外であり、妹の粧裕がマフィアに誘拐された際には殺害を踏みとどまり、救出に専念している。 原作や映画版とは違いデスノートによる殺人を行い続けても正しいとは思い上がっていなかったが、父の死をきっかけに心を捨てることを決意し、原作同様に自身を正義と宣い増長するようになった。 高い身体能力を持ち、均整のとれた魅力的な容姿を持つ。13巻では、原作者や作画担当者曰く「特に整った顔」とされており、癖のない美形に設定されている。また、雑誌での原作者のインタビューによると南空ナオミを巧みな話術で騙し、その異様な口の上手さからリュークに「キャッチセールスの世界でも神になれる」と評されるほど、コミュニケーション能力に優れる。他者へ自分に対する好意を抱かせたり、相手にデタラメを信じ込ませるための誘導などに長ける。 「ノートを拾った一人の少年の物語を描きたい。」と、原作者の大場つぐみが希望します。しかし、それでは人を殺し続ける単調な作品になってしまう、ということで、主人公の正義に対抗できる人物が必要となります。そうして生まれたのが「L」です。こうして、デスノートをめぐる「正義と正義のぶつかり合い」である、コミック版『デスノート』が誕生しました。原案ともなった読み切り版。大幅な改変を施されてはいますが、作品の雰囲気はこのころから健在です。もし読み切り版が気になった方は、シリーズ13巻に載っているので、そちらでご確認ください。作中ではあくまで脇役に徹しますが、本作にはライトとL以外にも欠かせない存在がいます。それは「死神」です。今回は本編に大きく関わる死神を2人紹介しましょう。まず1人目は「リューク」。ライトが拾ったデスノートの元所有者であり、わざとノートを人間界へと落とした死神です。本来、死神は人間に大した興味がなく、適当にノートに名前を書き、その人間の残りの寿命を吸い取るだけの存在でした。しかしリュークには、他の死神たちとは違って好奇心があり、退屈を嫌います。そのためデスノートを持った人間を観察し、それを面白がるためにノートを落としたのです。ただしその立ち位置は、デスノートを所有したライトの「相棒」などではなく「傍観者」です。大好物であるリンゴを食べたい、という損得のためにライトに協力するシーンはありますが、自らライトが有利になるために動くことはありません。ライトとLの視点以外からも、このような傍観者的な立ち位置のリュークの視点から物語を楽しむこともできます。2人目の死神は「レム」。第2のキラ・弥海砂(ミサ)の持つ「デスノート」の元所有者です。レムはリュークとは違い、海砂にかなり肩入れします。リュークのように好奇心や損得ではなく、海砂を慕い、海砂のためになる行動を作中では繰り返します。レムは「愛情」を好み、ライトに思いを寄せる海砂を見守りますが、海砂を利用することばかりを考えるライトを内心では嫌っていました。しかし、ライトに心中をすべて見透かされていたレムは、凄惨な結末を迎えてしまうのです。その最期の時までも彼は、海砂のことを思っていました。脇役でありながら、本作に大きな影響を与える2人の死神。リュークからの視点はもちろんのこと、レムからの視点でも物語を楽しめるのではないでしょうか。最初にお断りしておきますと、このセクションでは最終回の多大なネタバレを含みますので、それを知りたくないという方は読まないことをおすすめします。それでは、漫画・映画・ドラマのそれぞれの結末をご紹介していきます。まず、漫画の結末からご紹介します。長きに渡る戦いの軍配はライトに上がり、彼の策略によってLは死んでしまいました。しかし、ここまでは第1部。続く第2部で、Lの意思を継ぐM(メロ)、N(ニア)という人物が現れます。ライトは、メロのことは始末できましたが、ニアにはギリギリまで追い詰められてしまい、最後にはリュークの力に縋って助かろうとします。しかし、リュークはそれを拒否してノートにライトの名前を書き、彼を殺してしまうのでした。次に、映画の結末をご紹介します。映画は、漫画でいう第1部で完結しておりますが、その内容は漫画とは少々異なります。デスノートに名前を書かれてしまったLでしたが、彼は先に他のノートに自ら名前を書いておいたことで、後から書かれたノートの効力を発揮させませんでした。その後の展開は漫画と同様で、リュークの手でノートに名前を書かれてライトは死亡します。最後にドラマの結末のご紹介です。漫画と似た結末をたどり、ライトはメロに敗北します。ただ、彼はリュークに殺されるのではなく、キラを心酔する魅上という者がライトを助けるべく放った火に焼き尽くされてしまうのでした。このように、漫画・映画・ドラマによって違った結末を迎えますが、ライトの死だけは変わりません。しかし、漫画はこれで最終話というわけではなく、ライトが死んだ後の世界が1話だけ描かれて最終回を迎えます。デスノートがすべて焼却され、キラのいない世の中へと戻ります。世界はキラがいなくてもいつも通りに回り、キラは過去の人となっていました。しかし、何やら白い装束に身を包んだ集団がキラの名を呼んで祈っている、といった異様な光景を最後に物語が終わるのです。この白い装束の集団がなんなのかは書かれていませんが、「キラに救われた者たち」なのでは?と噂されています。彼の復活を望み、祈りを捧げているのではないかと推察されます。死してなお、その影響を与え続けたキラこと夜神月。実は、二次創作ではありますが、死後の彼について描かれた続編も存在します。そのクオリティーの高さから「真の最終話」とも呼ばれる物語となっていますので、気になる方は、一度見てみてはいかがでしょうか。

欅 坂 DVD 黒い羊, 外出 自粛 の夜に~ウクレレでリレー音楽会 再放送, バイバイママ 子役 男の子, みんな エスパーだよ ネタバレ, 三芳中学校 バスケ 部, 鶴 竜 関 バスケ, 千原ジュニア 結婚 いつ, 羽鳥慎一モーニングショー 動画 猫, 崖っぷちホテル 5話 動画, 小室 ヒサ 元ネタ, サンデー ライブ リアルタイム, めざましテレビ 佐野 永島, フリード CM 最新, 電気自動車 自作 構造 作り方, 水戸黄門 26部 1 話, 二宮 錦戸 戸田恵梨香 ドラマ 主題歌, Amazon 大阪チャンネル 解約, 美しき小さな雑草の花図鑑 史上 最高に美しい雑草の花図鑑 雑草 は こんなにも 美しい, コナン Tカード ゼロの執行人, スーツ ドラマ サマンサ, 石川さゆり 新曲 歌詞, 海月姫 映画 ドラマ どっちがいい, 宮本浩次 Mステ ハレルヤ, 山口達也 元嫁 インスタ おにぎり, アナザースカイ オープニング 曲, Misia つつみ込むように ダンサー, コードブルー 10話 ネタバレ, 年商 8億 社長 年収,

デスノート 夜神総一郎 最後