トップコート 社長 テレビ

11月5日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)に、芸能プロダクション・トップコートの渡辺万由美社長が出演。菅田将暉さんら人気俳優を世に送り出した、敏腕社長の姿が話題を集めました。5000人を抱える芸能プロダクションもある中で、この社長はわずか25人あまり…。それでも人気アーティストが次々と…秘密は 5(火)よる10時半~— プロフェッショナル仕事の流儀 (@nhk_proff) 菅田さん、中村倫也さん、松坂桃李さんなど、今を時めく人気俳優が所属する芸能プロダクション、トップコート。この日の放送は、そのトップコートの社長、渡辺万由美さんに密着しました。自身のことを「人好きな、人見知り」と語る渡辺社長が、24年前にトップコートを設立。現在所属するアーティストは、約25人。6000人を抱える芸能プロダクションもある中で、少数精鋭を貫く理由には、「どれだけ売り上げが上がろうとも規模は拡大せず、自分の目の届く範囲を超えるアーティストは決して抱えない」という渡辺社長の哲学があります。チーフクラスのマネージャーともなれば、数十人のタレントを抱えるという事務所もありますが、トップコートではどんなに多くても5人。そのことによって、数年先を見据えた育成など、手厚いマネジメントが可能となり、才能あるタレントを次々と排出することに成功しています。そんな渡辺社長が大切にした流儀が、「背伸びしない」。自分一人で出来る仕事の限界を見極めた上で、所属タレント一人ひとりと過ごす時間を大切にする渡辺社長は、「この近い距離感だから、アーティストの本当にやりたいことが見極められる」とコメント。この日は菅田さんと渡辺社長の食事する様子が放送されました。近年、歌手としての活躍も目覚ましい菅田さんですが、菅田さんの音楽活動開始も渡辺社長がその意欲を感じ取り、推し進めたものだったそうです。渡辺社長が人を見極める時に大切にすることは、「努力できるという、才能」。そうした才能を見込まれて今から15年前、高校2年生の時に事務所に入ったのが中村さん。現在、男性アーティスト一番の古株という中村さん。事務所に入ってから2年後の18歳の時に朝ドラに出演するなど、とんとん拍子で成功するかと思いきや、その後は知名度が上がらず苦労したそう。しかし、渡辺社長はことあるごとに「あなたはそのままでいい」と伝え、背中を押したとのこと。また、渡辺社長は「年月を経れば絶対に彼の良さは伝わるんだっていう、いつみんなが気づくんだろうねっていう感じで」と、中村さんの才能を信じて15年間契約を更新し続けた結果、現在の成功につながることとなりました。売り上げは大事だけど、「気にし過ぎても」と渡辺社長から伝えられた中村さんは、「そういうのって役者にとっては、守られている感じがあるっていうか。それでいいのかってほっとできるっていうかね」と安心感を与えられた様子。そんな渡辺社長は番組恒例の「プロフェッショナルとは?」という質問に、「自分は何者であるのかを分かっている人。他人と比べて、できないことは焦る必要もないし、何ができて何が得意なのか。まず自分を知ることがプロフェッショナルへの第一歩だと思ってます」と語り、番組を締めくくりました。放送を見た人からはネット上で、「心に響く言葉がたくさん 『あなたはそのままでいい』と15年間支え続けること、そしてそれに応えて努力し続けること。どちらも決して簡単なことではないですよね 素敵な社長さんの元で輝く、倫也くんの人生そのものを応援していきたいなと感じました」。「倫也氏の話のところで泣いたわ。15年もずっと見守り続けてくれている渡辺社長に感謝です」「トップコート渡辺社長のプロフェッショナル刺さり過ぎてます」などのコメントが上がっています。中村さんの才能を信じて支えてきた、渡辺社長の人を見る目に感動した方も多かったのではないでしょうか。(文:かんだがわのぞみ)

!』で初MCを務めたりしています。こうした“サービス精神”もあって、民放キー局の上層部やプロデューサーに深く食い込んでいます」 渡部のスキャンダルがどんな内容か分からない時点で、さっさと全番組の降板が発表されたことは記憶に新しい。このウラにはテレビ局側のトップコートに対する“忖度”もあったという。「例えば日本テレビさんなら、木村佳乃さんに大変お世話になっています。『イッテQ!』だけでなく、『24時間テレビ』でも重要なパートを務めてもらいました。菅田将暉さんとも『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(2019年)で深い関係を築きましたし、中村倫也さんは『美食探偵 明智五郎』が放送中。中村さんは今年公開が予定されている主演映画『水曜日が消えた』[吉野耕平監督:ジャンゴフィルム]でも、日テレさんは製作委員会に社名を連ねています」(同) 要するに民放キー局は、トップコートのためなら渡部建のクビを差しだすことなど、まったく躊躇などないという。「そもそもお笑い芸人はスキャンダルに弱い側面があります。徳井義実さん(45)や宮迫博之さん(50)といった大物でも、いまだに当時のダメージから立ち直れていません。それどころか、彼らが不在でもバラエティ番組の制作に支障は生じませんでした。視聴者も新型コロナの問題で彼らのことを忘れ去りつつあります。一方の俳優は必ずコアなファンが存在し、『あの役は、あの役者さんじゃないと駄目』という具合に、他の役者では代替が効かないことが珍しくありません」(同・スタッフ) 一方、渡部建が所属しているのがプロダクション人力舎だ。設立は1977年。創業者の故・玉川善治氏(1946〜2010)は青森県に生まれ、地元の中学を卒業すると集団就職で上京した。 自動車部品を製造する会社に勤めた後、バーテンダーや看板書きなど職を転々。19歳の時に芸能事務所に入ったという、まさに“立志伝中の人”だ。 とはいえ、これまでに輩出した芸人は錚々たる名前が並ぶ。柄本明(71)、ベンガル(68)、高田純次(73)などが所属した劇団東京乾電池。大竹まこと(71)、きたろう(71)、斉木しげる(70)のシティボーイズ、マギー司郎(74)、竹中直人(64)、ヒロミ(55)がリーダーを務めていたB21スペシャル――という具合だ。 上記の芸人は、独立を果たした者がほとんどだ。人力舎には「独立してこそ一人前」という伝統があるのだという。会社を去ることを止めようとしない――要するに放任主義なのだ。「芸人ほったらかしの事務所として、テレビ業界では有名です。上下関係に全く厳しくなく、ギャラは芸人の取り分が多い。オアシズの大久保佳代子さん(49)、光浦靖子さん(49)、おぎやはぎの小木博明さん(48)、矢作兼さん(48)といった方々が、のびのびと仕事をしているのは、視聴者の皆さんもよくご存知でしょう。アンタッチャブルの柴田英嗣さん(44)も人力舎で、謎の休養騒動を引き起こしたり、元妻がファンキー加藤さん(41)と不倫していたことが発覚したりしました。これも人力舎の“社風”と無関係ではないと思います」(同) だが、いくら居心地がいいからといっても、浮気相手の女性に1万円を放り投げて世論を呆れさせては元も子もない。妻の芸能事務所が巨大な力を持っていることもあり、まさにテレビ業界から瞬殺されてしまったのだ。週刊新潮WEB取材班2020年6月13日 掲載「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

貴景勝 実家 芦屋のどこ, 藤田 嗣治 三浦 環 絵, 野ブタをプロデュース 10 あらすじ, セシル マクビー 卒服 小学生, 新田真剣佑 北村匠海 モニタリング, 山崎アナ 結婚 妊娠, パンテーン シェイクアクアオイル 口コミ, カイジ 風 セリフ, 賀来賢人 CM 本数, すい 名前 男, 賤ヶ岳 登山 ヤマレコ, テラスハウス ゆうすけ 現在, アイコ 十 六 歳 あらすじ, 日村 Get Wild, 古舘伊知郎 F1 あだ名, インベスターz 全巻 ブックオフ, スーパーファミコン つっぱり 大相撲, 康 井 義貴 早稲田大学, 犬と私の10の約束 本 紹介文, たこしげ 黒田 出入り禁止, 黒崎レイナ 熱田 高校, 工藤綾乃 山形 実家, MJR 上熊本 評判, 本田朋子 新潟 原信, 文部科学省 熱中症 コロナ, えん ほう タオル, 明太子 フランス 冷凍保存, 中村さん ちの 自宅から 最新, 賤 ヶ 岳 ヒル, コードブルースペシャルドラマ 2009 あらすじ, 嵐 Mステ ランキング ツイッター, 熱中症 点滴 成分, 恐怖 克服 心理学, 斉木楠雄のψ難 最終回 その後 ネタバレ, 介護職員初任者研修 札幌 安い, 数字 語呂合わせ 2桁, イエモン ライブ グッズ,

トップコート 社長 テレビ