半分青い 律 すずめ キス


半分、青い。148話(第25週「君といたい!」)です。すずめと律は、抱き合いキスをします。しかし、外で足音がしたため、飛び起きました。 すずめは、一瞬の出来事に動揺し、これから二人は、どうなるのか、心配しました。 すずめは、恵子が持ってきた請求書に驚きます。律の退職金が、無くなってしまうので、開発は、もう辞めようと、言い出しました。 律は、昔の出来事を思い出し、何かが閃き、考え込みました。   すずめと律は、毛布に包まり抱き合っています。二人は、見つめ合い、そっと、唇を重ねました。 「ずっと、ここに来たかったような。ずっと、ここに居たような。」と、すずめが、つぶやきます。 廊下で物音がし、足音が聞こえます。「誰か来る!」と、すずめが、慌てて飛び起きました。人影が、通り過ぎて行きます。 「すずめ、隣の部屋じゃ。」と、律が言いました。 「どうしよう律。律と、こんなになってまうなんて、ものすごい気持ち悪い。」 「なんか、ムズムズする。かき氷食べて、キーンとする感じ。お婆ちゃんが言いよった、からすない。」「でも、お前が、キスしようとしたんだ。」 「違う。まつ毛にゴミが、付いとって、取ろうとした。」と言うすずめを律が見ます。「ウソです。」と、すずめ。 「私たち、これから、どうなる。」「すずめのテンションに、任せるよ。大丈夫、引き返せる。俺らは、小さくキスしただけだ。しかも、軽く。」 「軽かったか。そうか、まだ、大事には至ってないな。じゃ、そういうことで。」と。すずめは、治めました。注:からすない=ふくらはぎがつること 入り口をトントンとノックし、恵子が、戸を開けます。「律君、おはようございます。」 「恵子さん、足音が全くしないですね。」と、すずめが、驚きます。「抜き足差し足忍び足が、得意なの。バレーやっていたしね。」 「おはよう、すずめちゃん。今日は、早いのね。」 『恵子さんは、女子力が、2点だけあって、二人の空気を、清々しいほど、キャッチしません。』 「朝から、こんなもの渡したくないんだけど。」と言って、恵子は、産業機械研究センターからの請求書を出しました。  すずめが、請求書を見ます。「律、これ見て。律の退職金、なくなってまう。」「まあ、頑張る、焦る。きっと、こうだって言う羽根の形があるはずだ。」 「もう、5ヶ月やっとる。出来る保証はない。」と、すずめ。「保障のある発明なんて、この世にはない。」 「なあ律、考え直さないか。今だったら、まだ間に合う。律は、再就職できる。」「すずめ、そよ風の扇風機、どうするの。」 「諦めよう。」と、すずめ。「俺を、信じられないか。」「いや、傷が深くなる前に。律の退職金を使い果たす。」 「扇風機は、できる。菱松を辞めた、俺の覚悟を分かってくれ。それに、約束しただろ、晴おばさんに。」 「すずめ、晴さんは、生きている。ワコさんは、亡くなったけど。晴さんは、生きて、待ってくれとる。亡くなった人は、待ってくれない。」 「一緒に、ゾートロープ作った時だって、おばさんは、喜んでくれた。俺は、人に喜ばれるものを作りたい。」と言った律に、何かが閃きました。 「ああ、あれだ。全然、気付かなかった。すずめ、覚えているか。あの時、俺は、ゾートロープをレコードプレーヤーで、回しただろ。」 「あの時、33回転か45回転かで、迷っただろ。それだ。この扇風機も、回転数を変えればいい。」 「モーター自体を替える。ACモーターをDCブラシレスモーターに、替えるんだ。 「いいか、よく聞け、すずめ。サルでも分かる。DCブラシレスモーターは、マイコンで、細やかな制御で、ゆっくりな回転が可能だ。」 「これを使えば、回転を遅くして、そよ風を再現できるかもしれない。」「DCブラシレスモーターで、検索。」。すずめは、パソコンで、DCブラシレスモーターの検索を始めました。 『さて、サルでも分かると、言われましたが、あんまり分からないお婆ちゃんですが、扇風機に、このDCブラシレスモーターを、低回転で使う。 それが、そよ風の扇風機のキメテ、となって行きました。』 『開発に継ぐ開発。そよ風の扇風機に着手して、およそ7ヶ月。季節は、夏から秋、秋から冬。年をまたいで、2月』 柔らかい日が差込むテーブルの上で、扇風機が回っています。すずめと律は、一緒に並んで、扇風機の風を浴びています。 「そよ風の風だ。」「できた。」と、二人が、嬉しそうに言いました。。 「やったー。」「律、ここが、ゴールか?私は、いつだって、スタートが切りたい。いつだって、拓けている未来が、見たいのよ。」 「大丈夫だ、すずめ。ここからが、スタートだ。これから、商品として、売るんだ。」 すずめは、グリーングリーングリーンの緑の垂れ幕に、「そよ風ファンは、必ず大ヒットする。」と、書きました。 「ここは、縁起がいい。お母ちゃんの手術も成功したし、恵子さんのグリーンパンも売れに売れている。」 すずめは、緑色のパンを食べました。「うん、美味しい。美味しいものは、売れる。いい物は、売れる。人を幸せにする。生活を豊にする。」 「人に、幸せになってもらうことが、私たちの幸せ。」と、恵子も言いました。 「よし、資金を集めて、工場を押さえよう。」と、すずめは、決意をこめました 「ワー、そよ風の扇風機、できたかね。」と、すずめから、資料を見せてもらった晴が、喜びました。 「どんなんか、早く見たいな。」と、宇太郎。「これから量産して売るワケなんやけど、資金を集めなアカン。」と、すずめ。 「お姉ちゃん、岐阜県民は、保守的や。借金もかけ事も投資もしん。」と、草太。 「いくら?」と、晴が聞きます。「いくら出せる?」と、すずめ。晴が、指を2本立てました。宇太郎が、晴の指を1本倒します。 「それ、単位は、百万?1千万?」と、すずめ。「そんなお金、あるかね。」と、晴が言いました。 シェアオフィスの夜です。誰もいなくなったスパローリズムに、津曲が、入ってきました。 津曲は、そよ風ファンのスイッチを入れます。「ああー、これは売れる。」と、気持ちよさそうに、風を浴びます。 そして、パソコンを立ち上げました。パスワードに、「kancyan1223」と入力します。ログインエラーとなりました。 「sparrowrhythm」でもエラーです。「suzumenonamida」と、入力します。ログインできました。 津曲は、辺りを見回し、パソコンの操作を始めました。 すずめと律の初キス、長い時間を割いていましたが、あっけなく終わりましたね。ほんの、一瞬でした。 それでも、すずめは、大きく取り乱します。まあ、律も、同じようですね。こんな純情な二人が、よく結婚できて、子供まで生まれたと、感心しますね。 私たちのように、欲にまみれていない、と言うことなんでしょうね。まさに、朝ドラですね。 しかし、そのおかげ(?)か、律は、ゾートロープを思い出し、そよ風の大ヒントが、閃きました。 風が強いなら、羽根の回転速度を下げればいいと、単純に思いますね。それが、最後の大きな関門でした。 さて、これから資金集め、生産体制、販売ルート、など、まだまだ大変です。しかし、そよ風ファンは、完成しているので、プレゼンも楽ですね。 ただ、津曲が、怪しい動きです。パソコンから、資料やデータを盗もうとしていますね。さて、量産・販売は、どうなるのでしょうか。 楡野 鈴愛:永野 芽郁楡野 宇太郎:滝藤 賢一萩尾 律:佐藤 健津曲 雅彦:有田 哲平語り:風吹 ジュン     「「 半分、青い。147話(第25週「君といたい!」)です。津曲が、修次郎に、スパローリズムは、自分の会社だと言いました。 その様子を、すずめが覗いています。すずめは、代わりに、生産工場を紹介して欲しいと、津曲に頼みました。 しかし、工場は、簡単にOKしません。それは、自分のせいだと、律が謝りました。 朝早く、すずめが、オフィスに行くと、律が寝ていました。すずめは、律の傍に近寄りました。   津曲は、スパローリズムを覗き込んだ修次郎を、部屋の中にいれました。そして、そよ風扇風機の説明をします。 「羽根を二重構造にすることで、渦を消し、そよ風のような扇風機を作ることに、お父さんは、成功したワケだ。」 「何か、スゲー。」と、修次郎。「凄いって、テレるなあ。」と、津曲が、照れ笑いをします。 津曲が、ふと入り口を見ると、すずめが、微笑みながら見ていました。 津曲は、驚いて、固まりました。「誰?」と、修次郎が、すずめを見ます。「アッ、こんにちは。」と、すずめが、オフィスに入ってきました。 「こちら、楡野鈴愛さんと言う方だ。」と、津曲。「お父さんには、お世話になっています。」と、すずめ。「お父さんの会社の人?」 「はい、お父さんの下で、働いてます。」。津曲は、驚いた顔で、すずめを見つめました。 「いや、しかし、本当に助かりました。」と、カフェで津曲が言いました。「いい息子さんじゃないですか。」 「学校、あんまり行ってないんだけどね。」「どうにかなりますよ。こんないい曲作るんだもの。」と、すずめは、スマホで、修次郎の音楽を聴いています。 「津曲さん。実は、相談があるんですけど。」「何それ。さっきのウソ、バーター、取引?」「そよ風の扇風機を量産してくれる工場を、紹介して欲しいんです。」 「生産ルートが決まってないと、銀行も相手にしてくれないし、投資家も見つからない。」「工場ねえ。」と、津曲は、考えました。 すずめは、津曲が紹介した、岩堀製作所へ行きました。「へー、そよ風の扇風機。」。すずめは、企画書を所長に提示しました。 「これ、うちで作れって?資金あるの。ほんと、売れるの?売れなかったら、うちにお金払えないってワケでしょ。」 「お嬢ちゃん、この業界長居の。」「売れます。そよ風の扇風機。赤ちゃんが、ずっと浴びてても大丈夫だし、高齢の病人の方にも優しいんです。」 「私たちといっしょに、夢を見ませんか。」「なにそれ。」と、所長の息子・カツシが来ました。「そよ風の扇風機。面白そうじゃん。」 「オヤジもさあ、ずっと大手に使われて、たまには、こういう冒険、いいんじゃないの。出資とかしちゃえば。」 「このばかちんが。三流大学5年も、5年かかって出て。出来損ないなのに、俺が雇ってやってんだよ。」と、喧嘩になりました。 スパローリズムは、試作した羽根で、、いっぱいです。「すずめ、埼玉の工場、どうだった?」「うーん、行ってすぐには。また、通うよ。」 「俺が、悪いんだな。このそよ風の扇風機が、ガシッと出来ていれば、もっと相手を説得できると思う。すずめ、迷惑かけるね。すまん。」 「あんさん、何を言うてまんねん。」と、すずめが、律の肩に手をかけました。「こういうのあるよね。一杯のかけそば的な。」 「夫婦が手を取り合って、貧乏ながら頑張る、みたいな。まあ、夫婦じゃないけど。程遠いけど。」と、すずめ。 「程遠いか。」と、律が、言いました。 『二人は、現実の厳しさを知ります。そよ風の扇風機は、仕事。仕事という怪物は、お金を食べて、生きていきます。』 『お金が底をついたら、潰れるしかないのです。』  「ほうや、写真始めたんや。」と、晴は、すずめと電話しています。「弥一さんがな、写真教室を始めたんや。」 「今、ケイタイでも何でも、写真撮るやろ。チョッとしたことで、上手な写真が撮れるんや。あなたにも、見せてやりたい。」 「大地とか、上手に撮れた。後はなあ、金華山に登って、野鳥を撮ったりする。」「あ、お母ちゃん、もう体は、大丈夫なんか?」と、すずめ。 「大丈夫や。貴美香先生も来とる。あと、ブッチャー君とこの西園寺さんもな。話してみるとな、面白いんや。」 「すずめ、分からんもんや、人生は。面白いわ。そんなことより、そよ風の扇風機、いつできる?」「あ、もうすぐや。楽しみにしとって。」 「えっ、カンちゃんが審判?」。朝、すずめのアパートです。「ドッチボール大会の審判、選ばれた。」と、カノ。 「それで、これ?」と、すずめは、律の笛を見ます。「ちゃんとした、ホイッスル、買っといてあげる。」「カッコイイやつね。」と、カノ。 「ママ、今日のワンピースも可愛いけど、チョッと足りない。これ、つけて行けば。」と、カノが、マグマ大使の笛を渡しました。 すずめは、スパローリズムに、出勤します。入り口のカギが、開いていました。オフィスの中には、律が寝ています。 すずめは、窓際のソファーに近づきました。そして、律の毛布を掛け直しました。首にかけた笛が、律の顔に当たりそうになります。 すずめは、咄嗟に、笛を掴みました。すずめは、しゃがみ込んで、律の寝顔を見ます。そして、律の唇に近づきました。 その時、律が、目を開けました。 律は、離れようとするす、ずめの手を握りました。「おはよう。いま何時?」「8時。まだ早い。」。律は、毛布を持ち上げます。「入る?」 すずめは、律の腕の中に入りました。「何これ。」と。すずめ。律は、後ろから、すずめを抱きしめました。 すずめは、笛を取り、小さく3回吹き、「りーつー。」と、言いました。律は、まどろみながら、すずめを抱き締めました。 「律の真ん中で、律を呼ぶ。なんちゃって。ふふ。」 「ブーブー。」と、外で音がします。「音は、怖い。左が聴こえないから、何の音か、すぐ分からなくて。」 「音は怖く、風は優しく、律は暖かい。」。すずめは、向きを変え、律の胸に顔を埋めました。 律は、すずめを見ます。すずめは、顔を上げて律を見ます。二人の唇が、重なりました。 長かったですね。二人のシーン。全体の3分の1くらい使ってますから、異常と言えるくらいの長さですね。 まあ、仕方が無いですね。いよいよ、終わりになってからのラブシーンですから。年数にしたら、40年経っての初キスですね。 やきもきしながら、二人を見ていた視聴者も多いでしょうね。やっとでした。でも、これから先、どうなるのでしょうか。いや、すずめと律の仲ですが。これはこれと、また、元のやりきれない二人に、なるのでしょうか。 さて、肝心のそよ風扇風機です。まだ、羽根が完成していませんが、生産体制や販売ルートなど、同時並行で進めないといけません。 しかし、製品完成のメドが立っていないので、動き辛い面は、ありますね。資金調達もまだですから。 何の実績もない、ゼロからのスタートの一番苦しい時期ですね。救世主が、現れるのでしょうか。 楡野 鈴愛:永野 芽郁楡野 晴:松雪 泰子萩尾 律:佐藤 健西園寺 富子:広岡 由里子岩堀:俵木藤汰語り:風吹 ジュン     「「 6月25日に放送されたnhk朝ドラ「半分、青い。」が神回だと話題になっています!夏虫駅で再開した鈴愛(スズメ)と律(リツ)でしたが、この日の放送間際に律(リツ)が鈴愛(スズメ)にまさかのプロポーズ!ここでは、鈴愛(スズメ)と律(リツ)は結婚するのか?

今日も半分青いを楽しく見ました☆おばあちゃんがいきなり死んでるという設定や律の堅物さにはかなりビビりましたがすずめの天真爛漫さにはほっこりしました!それで今日気になったのはこのすずめと律の今後について。 半分、青い。148話(第25週「君といたい!」)です。すずめと律は、抱き合いキスをします。しかし、外で足音がしたため、飛び起きました。 すずめは、一瞬の出来事に動揺し、これから二人は、どうなるのか、心配しま・・・ 鈴愛と律は向かい合ってキスをした…。 【半分、青い。】147話の感想 佐藤健の連夜のキスでキュン死! 朝ドラ 律と鈴愛のキスシーンが見たくて、お昼にもまた見ちゃった 口づけの少し前にも 鈴愛のおでこに律の唇が触れてたのね 日本中の主婦が、 nhkの朝ドラ「半分、青い。」に出演している鈴愛(すずめ)の子役が可愛い!って話題になっています!実はこの子役さん、すでにた~くさんテレビに出演されているんですよ。お名前は矢崎由紗(やざき ゆさ)さんです。そして男の子の子役でめっちゃ可愛い

半分青い 2018.7.24 半分青い97話感想ネタバレ有り!遂に涼次が映画監督として覚醒する! 半分青い 2018.8.17 半分青い119話感想ネタバレ有り!2号店の名前は五平餅? 半分青い 2018.5.7 半分青い31話ネタバレ感想!律思いの丈を語る! 半分青い 2018.7.27

妖怪ウォッチ シャドウサイド 映画, 小林 廣 輝 N スタ, テレビ東京 Line ツイッター, 菊池桃子 ラジオ ニッポン放送, Cbc 田中優奈 どこ行った 2ch, アリスのままで ネタバレ 感想, めざましテレビ お天気キャスター かやちゃん, 海を駆ける 興行 収入, 汗 明 アニオタ, キングダム 実写 反応, 常温の水 冷たく 感じる, バイプレイヤーズ 主題歌 歌詞, 公式 ブログ イホンギ, 斉藤終 夢小説 裏, 秋元 歌詞 ひどい, Showroom パソコン 見れない, HBC アナウンス 部長, 多 部 未華子 結婚式, 小栗旬 子供 三人目, サバイバルファミリー 鹿児島 ロケ地, あつ森 芸能人 Youtube, Two Weeks 日本 最終回, キングダム 昌文君 キャスト, マツコ会議 オープニング 映像, ひるなか の流星 13巻, マイクロソフト 社長 年収, 大鵬 子供 何人, 志村けんの だいじょうぶ だ ぁ 陽子 コント, からかい上手の高木さん2 Cover Song Collection Flac, 欅坂46 サイレントマジョリティー ダンス 振り付け, 大草原の小さな家 本 あらすじ, ANN 傑作 春日, デスノート 17話 感想, 相撲 たか やす 怪我, あさが来た 再放送 中止, 映画 劇場版 SPEC 結(クローズ 漸(ゼン ノ篇)), 白鵬 妙義龍 2020, 冬ドラマ 2020 満足度, 藤原竜也 ハムレット キャスト, キングダム 31巻 無料, ホンギ インスタ 訳, ルートイン Grand 輪島, 相撲 ファイター 引換券, 鈴木伸之 TV 映画, 14番目の標的 タイトル 意味, 戸田恵梨香 眉毛 大恋愛, 薔薇のない 花屋 和牛, 将棋 速攻 戦法, 風は吹いているか 22/7 歌詞, ヒルナンデス 餃子 鶏ガラ, Youは何しに日本へ 視聴率 5月4日, リーガルハイ 死は希望 セリフ, 今日 午前3 時に 最も月に接近して見えた星は, すずちゃん インスタ 息子, 世田谷自然食品 青汁 Cm イケメン, 熱中症 お菓子 コンビニ, 名古屋場所 一人 升 席, B'z 稲葉 タモリ, ベリーグッドマン 歌詞 おすすめ, Ann Taylor LOFT, 笑っ て は いけない 名探偵 未公開, キックボクシング ジム 初心者, 刑事7人 シーズン4 動画, スペック 映画 Hulu, 凪のお暇 8巻 ネタバレ, 有村 架 純 くせ毛, ロスト イン トランス レーション カラオケ, 相撲 一 山本 今日 の 勝敗, 龍が如く 維新 武器屋,

半分青い 律 すずめ キス