徳勝龍 恩師 死因





お使いのブラウザがJavaScriptがオフになっている場合、正しく閲覧できない場合があります。会員限定有料記事 毎日新聞
 2人の「師匠」にささげる優勝だった。18日に55歳で急死した母校・近畿大相撲部の伊東勝人監督と、2015年11月に62歳で死去した日本相撲協会前理事長の北の湖親方(元横綱)の教えが、初土俵から11年で結実した。徳勝龍は「良い報告ができる」と喜びに浸った。 こんにちは。今日は、昨日大相撲初場所で幕尻力士(幕内でい最下位)として優勝したのは20年ぶりだとか。 そんな優勝力士の徳勝龍関についてお話していこうと思います。 相撲ってどうしても横綱・大関・関脇の三役に目が行ってしまします。 確かに、強いから三役なんですね。 徳勝龍が幕尻にして初優勝を成し遂げたと話題になっています! 幕尻が優勝するのは20年ぶりの快挙だというのです! 今回は初優勝した徳勝龍の経歴や戦歴と.  「自分なんかが優勝していいんでしょうか」。大相撲初場所千秋楽の26日、幕尻の西前頭17枚目で初優勝を遂げた徳勝龍(33)。土俵下での優勝インタビューで開口一番、笑いをとったが、亡き恩人に話が及ぶと、思わず声を詰まらせた。

知りたいに答えるNEWSマガジン2014年7月に起きた「佐世保事件」は高1女子が同級生を惨殺した猟奇的な殺人事件で、加害者家族の事件後や現在も話題です。 今回は徳勝もなみの父親など家族、被害者との関係や事件の経緯、その後や現在をまとめました。 この記事の目次  「 被害者は佐世保市の公立高校に通う、ごく普通の高1女子生徒で、遺体が発見されたマンションに住む、同級生の女子生徒が緊急逮捕されました。 逮捕された女子生徒・徳勝もなみさんは、被害者を自宅マンションに招き入れ、後頭部を鈍器のようなもので数回殴った上、ひも状のもので首を絞めて殺害した疑いがかけられました。 それだけでも十分に衝撃的な事件なのですが、この事件が世間を震撼させた最大の理由は、   さらに、犯人の女子生徒は、被害者に憎悪を募らせた末に殺害したわけではなく、以前より 今回は、そんな佐世保事件の加害者・徳勝もなみさんの生い立ちや家族構成、事件に至るまでの経緯、被害者との関係、下った判決、事件のその後と現在について、詳しく紹介します。              佐世保事件(佐世保高1女子同級生惨殺事件)の加害者である徳勝もなみさんは、事件当時、まだ高校1年生の未成年だったため、当初は名前や顔は公開されていませんでした。   しかし、事件の特殊性や彼女の父親が地元では有名な有力者だったこともあり、たちまち身元が特定されてしまいました。 そして、その犯行動機などについて、様々な憶測が飛び交い、現在もたびたび話題に上がっているようです。 徳勝もなみさん一家の家族構成は、 次に、家族それぞれについて詳しく見ていきましょう。   徳勝もなみさんの なんと言っても、同市内に本社を置く、大手通販ショップ   より具体的な経歴は次の通りです。  ’85年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、3年間にわたる猛勉強の末、司法試験に合格。’90年から市内の弁護士事務所で4年間の下積みをした後、独立し事務所を立ち上げた。現在市内に構える法律事務所は7名の弁護士が所属しており、「県内で最大、九州でもこんなに大きな弁護士事務所はないという規模」(A氏をよく知る弁護士の友人)だという。    徳勝もなみさんの   徳勝もなみさんの母は東京大学文学部出身で、結婚前はテレビ長崎の記者として働いていた。父は地元新聞の幹部、兄も東大出身という名門一家の生まれで、佐世保では指折りの才女だった。「もともと、J子の両親はともに長崎市出身で、高校の同級生だったんです。高校を卒業してからは会っていなかったそうですが、佐世保で再会したのをきっかけに、結婚したと言っていました。」(中略)母は、子育て支援やシングルマザーサポートのためのNPO法人を立ち上げるなど、女性の生き方を支えるボランティアをしてきた。また、’04年からの8年間は、市の教育委員を務めるなど、子ども教育への関心も高かったという。   そんな両親の血を受け継いだ兄・徳勝丈さんも成績は  そして徳勝もなみさんの兄も、エリートの両親と遜色のない優等生だった。兄は高校3年生時の模試で全国20位になるほど学業優秀で、母と同じ東大を目指していたという。結局、東大への進学は叶わなかったが、現在都内の有名私立大法学部に在籍している。    こんな絵に描いたようなエリート家族の住まいは、佐世保市内を見下ろす高台にありました。 佐世保の富裕層が家を構えるこの地域にあっても、徳勝家の自宅は敷地面積が約80坪、建物は地上2階、地下1階という、目をひくほどの   このように、裕福な家庭の末っ子として育てられた徳勝もなみさん。 多少は甘やかされて育てられたという側面はあるでしょうが、教育熱心な両親と、優秀な兄に刺激され、 そんな徳勝もなみさんは、NHKのアナウンサーを目指して中学時代は放送部に在籍していたそう。 また、「将来は検事になって、弁護士である父や、同じく弁護士を目指している兄と法廷で戦いたい」、なんて勝ち気な末っ子っぽい夢も語っていたようです。   傍目には「名家のお嬢様」という印象の強い徳勝もなみさんですが、クラスメイトからは、   そんな徳勝もなみさんは、 その欲求は、中学生になる頃にはさらにエスカレートしており、医学書を読んだり、動物の解剖に熱中していたとの証言もあるようです。 さらに、小学校6年生の時には、 父親が有力弁護士だったために問題には発展しませんでしたが、その度に母親が学校に呼び出され謝罪をしていたとも言われています。   外見上は絵に描いたようなエリート家庭を演じていた徳勝家ですが、実は、徳勝もなみさんの家族には修復不可能なくらいの亀裂が入っていたとの証言もあるようです。   知人の証言によれば、徳勝もなみさんの父親は、娘が通う学校のPTA会長をするほど教育熱心だったものの、家庭内ではもなみさんの母親を押さえつけるような言動を繰り返していたそう。  奥さんは、『夫がまったく子育ての手助けをしてくれない』と私に嘆いていました。小学校6年生のとき、徳勝もなみさんさんが給食に漂白剤を入れて問題になった際も、ご主人は明らかに自分の体裁を気にした様子で『これ以上騒ぎを大きくしないでくれ』と被害者の両親に口封じを迫ったそうです。奥さんは   実は、徳勝もなみさんが「佐世保事件」を起こすかなり前から、もなみさんが父親を嫌い、憎悪すらしていたと思わせるような証言もあるようです。  「実は徳勝もなみさんが中学生の頃、一時的に母親と家を出ていた時期があったそうなんです。それも、 この証言が事実だとすると、徳勝もなみさんの父親への暴力は、既にこの頃から始まっていたことになります。 逆に、   しかし、そんな徳勝もなみさんの 自身の精神的歯止めであり、最大の理解者を失った徳勝もなみさんの悲しみは想像すらできません。 ところがです!そんな   その頃、徳勝もなみさんの父親に対する憤りは、もはや抑えられなくなっていることを示す証言もあります。  「中学から高校にあがる前に、ウチの娘が徳勝もなみちゃんと商店街で会ったんです。その時、娘はもなみちゃんとファーストフード店で世間話をしたのですが、彼女が突然父親のことを『ゴミ』とこき下ろしはじめたそうです。母親の死後に開かれた校内の弁論大会でももなみちゃんは『マイ・ファーザー・イズ・エイリアン』と言い放ったと聞いています」(前出の同級生母) 父親に対する暴力はエスカレートする一方で、2014年3月には、徳勝もなみさんは 幸い、父親の命に別状はなく事件にもならなかったのですが、父親はついに   また、父親は医師から あくまで「海外留学準備のため」という表向きで…。 この時点で、   「佐世保事件」の3日前である2014年7月23日、徳勝もなみさんは通院中の精神科に向かう途中、継母に、   もちろんその直後の診察で、継母はそのことについて医師に伝えるのですが、医師はまともに取り合うことはなかったようです。  7月23日の診療で母親が少女の殺人願望を医師に伝えたが、医師は「今日は時間がない」と言って診療を終えたとし、医師に切迫感がなかった・・・また事件前日に両親が精神科に行き、「ここの病院か別の病院に入院するという措置は取れないか」と頼んだが、医師は「個室はあるがその一つを独占することになる」などと言い、実現しなかったことも明らかにした。 この医師の責任は大きいと言わざるを得ません。      佐世保事件(佐世保高1女子同級生惨殺事件)」の被害者となったのは、徳勝もなみさんの中学校時代からの同級生で、しかも彼女と 徳勝もなみさんと被害者には、   2人は事件のあった7月26日の昼、佐世保市内の繁華街で買い物を楽しんだ後、徳勝もなみさんのマンションに向かいました。 そして被害者は、午後6時頃、母親に「7時頃に帰る」とメールするのですが…その後、被害者が自宅に生きて戻ることはありませんでした…。   2014年7月26日の午後8時頃までは、2人は徳勝もなみさんが独り暮しをしているマンションの一室で楽しく過ごしていました。 しかし、徳勝もなみさんの凶行は突然に始まります。 被害者の頭部を鈍器で何度も殴打した後、実家で買っていた犬のリードで首を絞めました。その後の調べで、   さらに徳勝もなみさんは、 そして事件後、徳勝もなみさんは警察の調べに対し、次のように供述しています。しかも淡々とした様子で…。   また、凶器として使われたハンマーやスレート切断用ののこぎりなどは、事前に購入されていたことが判明しています。 つまり、ただ殺害するだけでなく、遺体を切断するまでが徳勝もなみさんの計画に入っていたことが明らかになりました。   非力な女子高生である徳勝もなみさんが、どのようにして被害者の遺体を解体したのかについては明らかにされていませんが、徳勝もなみさんは また、被害者を殺害した後、返り血を浴びたであろう自分の着ていた服を洗濯し、被害者の携帯電話をマンションの5階から投げ捨てるなど、証拠隠滅を図った形跡もみられたと言います。   しかし、徳勝もなみさんの犯行は、翌27日未明には発覚することになります。  帰宅しない被害者を心配した被害者の家族は捜索願を提出した。27日未明、加害者のマンションを警官が訪れたが、加害者は被害者について「知らない」と答えた。不審に思った警察官が室内に入ったところ、   その後の警察での取り調べに対し、徳勝もなみさんは「殴ってから首を絞めた。全て私1人でやりました。   また、徳勝もなみさんは「体の中を見たかった」「人を殺して解体してみたかった」などとも自供しています。 にわかには信じがたい供述に警察でも情報が錯綜し、長崎県警察は7月29日午前に「2人の間にトラブルがあったとみられる」と公表しますが、午後には「間違いだった」と訂正しています。   長崎地裁は、殺人や死体損壊などの疑いで、徳勝もなみさんを長崎家裁に送致し、翌2015年7月、長崎家裁は 長崎家庭裁判所の平井健一郎裁判長は「被害者の尊厳を踏みにじった殺人であり、計画性の高さや殺意の強さも際立っている」と指摘しました。そのうえで、「心神喪失などに至るような精神的な障害は認められないものの、少女の特性が人を殺したいという欲求の形成に大きく影響している点を考慮すべきで、少女はいまだに人を殺したいという欲求を持っている。少女の立ち直りのためには、精神科の医師などが少女の特性に応じた教育と治療を長期間にわたって行うことが必要だ」と述べ、専門的な治療を受けられる「第3種少年院」に送る決定をしました。    判決後、「佐世保事件」の加害者である徳勝もなみさんは、医療少年院に送られています。 しかし   そんな徳勝もなみさんは、今現在も ちなみに医療少年院は、心身に著しい故障が見られる12歳以上、26歳未満の者を収容し、専門的治療を施しながら、健全な社会生活に再適応・社会復帰させるための特別な矯正教育が実施されます。   果たして、徳勝もなみさんが幼い頃から抱いていたという「人の中身を見てみたい」「人を殺して解体したい」と言った本能的な欲求を矯正することができるのでしょうか?     徳勝もなみさんの父親は、当然のことながら事件発覚後は猛批判を受け、   さらにその後を追うように、徳勝もなみさんの面倒を見ていた祖母も、失意のうちに病死されたそうです。   通常、この手の事件の場合、親の監督責任が厳しく追及されるのですが、父親も祖母も他界した今、全ての責任を一身に背負っているのが、父親の再婚相手である徳勝もなみさんの継母です。 彼女の立場に立って見れば、徳勝もなみさんの父親と結婚後、わずか5ヶ月で義理の娘がこのような大事件を起こしたことになります。 事件後、すぐに離婚することもできたでしょうし、父親が自殺した時点で、実家に出戻ることもできたはずなんですよね。 ところが彼女は、  どうも、億単位の損害賠償請求がきたみたいで。遺族からの民事裁判はもちろん、あとは、殺害現場となったマンションが事故物件になったとかで、そっちのほうも賠償請求がきそうだというようなことも話していました」(前出・知人) また、そんな継母には、現在大学生である徳勝もなみさんの そのため、長男が司法試験の勉強をして独り立ちするくらいまでの学費や生活費を用意するために、自分の財産を整理したとも言われています。   いかがでしたでしょうか。 2014年7月26日に長崎県佐世保市で発生した、高1女子による同級生惨殺事件、いわゆる「佐世保事件」。 加害者・徳勝もなみさんの動機解明の鍵となる、父親や家族関係について検証するとともに、その後の加害者や加害者家族の現在についてまとめてみました。 この事件は調べれば調べるほど、バッドエンド感がハンパなく、救いようのない事件この上ないのですが、最後に紹介した徳勝もなみさんの 最後に、この事件により命を落とされた被害者のご冥福をお祈り致します。 この記事が役に立ったと思ったらキーワードからまとめを探す今見ているまとめと同じカテゴリーの記事今見ているまとめに近い記事気軽に意見を書いてね興味があればチェックしてねカテゴリーからまとめを探す同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!NewSeeの新着記事もお見逃しなくよく使われているキーワードはこちらです過去の記事が見たい方はこちらが便利ここ1週間の間に最も人気のあったまとめNewsee|知りたいに答えるNEWSマガジン© 2020 Newsee

20年ぶりの幕尻優勝を果たした徳勝龍が話題になっていますね! 幕尻とは番付が一番低い力士のことで、大関・高景勝を下す「下克上優勝」と取組後の号泣シーンにもらい泣きする人が続出したようです。 取組直後の号泣シーンだけではな … 結婚した美人すぎると話題の嫁である千恵さんの顔画像までを調査してきました! この記事は有料記事です。残り574文字(全文1013文字)毎時01分更新 <moku-go> 中国南東部の江西省にあり、長江南部に広… 犠牲者の名前が刻まれたたくさんの碑が整然と、累々と建ってい… 「映画館は映画を売っているお店です。文化であり、企業です」…デジタル紙面ニュースアプリ毎日新聞のニュースサイトに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

 奈良市出身。高知・明徳義塾高2年で全国高校総体団体優勝を果たすも、個人成績は伸び悩んだ。「卒業後は実業団に行くつもりだった」という徳勝龍に近畿大入学を勧めたのが伊東監督だった。4年で主将に抜てきされ、西日本学生相撲選手権で優勝。「伊東監督がいなかったらプロ入りはなかった」。しこ名の「勝」は、伊東監督の名前からもらった。徳勝龍は「弱気になるたびに監督の顔を思い出した。一緒に土俵で戦っていてくれた気… 徳勝龍、芸能界の大御所たちが太鼓判 親しみやすい人柄、お笑い好き...たけしも「人気が出るね」 J-CASTニュース 2月3日(月)16時42分 幕尻優勝の徳勝龍、気弱キャラの正代 初場所を盛り上げた2人 小学校4年生の時にわんぱく相撲に出場したことがきっかけで徳勝龍関の相撲人生が始まりました。 当時の徳勝龍関は初出場で未経験にも関わらず予選を勝ち抜き全国大会まで進みましたが、全国の場で敗北。

りょう 女優 結婚, Stv どさんこワイド 住所, 沖縄 アナウンサー 募集, 乃木坂 市ヶ谷 レッスン, あさイチ 戸田恵梨香 かわいい, イーロンマスク 脳 コンピュータ, 雪月花 フレグランス 感想, 北 の庭 風水, 知念侑李 デビュー 年齢, カドリー ドミニオン 滞在時間, 獣になれない 私 たち くれ は, 綾瀬はるか 新 番組, 壬生 義士 伝 漫画 連載, アサヒ スーパードライ 500 安く 買う, 乃木坂 マーク あつ森, Rise Up For You Song, 午後ラジ パーソナリティ 変更, 志村けん 今 の 状況, 175cm 60kg 芸能人, ハッピーオーラ ひなの 登場, 愛美 名前 イメージ, 銀魂 神威 子供化, 相席食堂 東京 見れ ない, 清少納言 FGO 声優, 名探偵コナン 人気投票 2019, カズレーザー 名言 恋愛, 日 向坂 ユニット名, スポーツドリンク 手作り 500ml, 三浦 春 馬 ツイッター かほり, 風は吹いてるか 22 7 歌詞, 歌 下手 カラオケ行きたくない, FGO オケアノス 漫画, 高山一実 Q さま, 燃えよ 剣 舞台, ひらがなで恋 したい 振り付け, 欅坂46 セトリ 黒い羊, 榮 倉奈々 妊娠中, 杏林大学 保健学部 解答速報 2018, 時間 韓国ドラマ Ost, 今田 美桜 矢野ぺぺ,

徳勝龍 恩師 死因