映画 新聞記者 あらすじ


はいどうもこんにちは、ミギーです!今回紹介する映画は【新聞記者】 ©2019「新聞記者」フィルムパートナーズ 第43回日本アカデミー賞作品賞をはじめ3冠達成した作品です。この作品が3冠受賞するなど誰が考えたでしょうか。ハッキリって痛快です 東都新聞に勤める記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、日本人の父と韓国人の母に間に生まれアメリカで育ったのちに、とある出来事をきっかけに日本で新聞記者になったという異色の経歴を持っていました。

映画『新聞記者』あらすじと原案 映画『新聞記者』あらすじ 公式サイトのあらすじ. 韓流ドラマ&映画が再び大ブームを起こしています!「愛の不時着」「梨泰院クラス」を筆頭に、新たな韓流時代へと進化を遂げた良質な作品が次々と配信されて寝る間も無く夢中になってる人も多いのでは?ここでは、そんな韓流ブームを担う、注目すべき演技派人気俳優たちを紹介していきます!ぜひ、韓流を楽しむ時のお供として活用してくださいね。 映画「新聞記者」は、シム・ウンギョン、松坂桃李主演、藤井道人監督の2019年の日本映画です。この映画「新聞記者」のネタバレ、あらすじやラスト最後の結末と見どころを紹介します。「新聞記者」のラストのセリフは何だったのでしょうか? ■ スタッフ■ 主要キャスト 若手女性記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、医療系大学新設計画に関する調査を始めます。そして、内閣府の神崎(高橋和也)という人物が浮上してきますが、その神崎は自殺してしまいます。神崎は、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)の元上司でした。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになります・・・ ある日、東都新聞あてに匿名FAXが送られてきます。それは医療系大学施設建設に関する極秘書類で、その中の一枚には目を黒く塗りつぶした奇妙な羊が描かれていました。編集長・陣野(北村有起哉)から資料の調査を命じられた記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)はその施設の認可が厚生省や文部省ではなく内閣府である事に疑問をもちます。 彼は上司の多田(田中哲司)の指示で、現政権に不都合な人間を社会的に抹殺するようSNSを使った情報操作を主に行っていました。しかし、首相と懇意にしているジャーナリストが起こしたレイプ事件をもみ消す為に、勇気を出して顔や実名を出して記者会見まで行った女性被害者を対立政党の回し者で、ハニートラップを仕掛けたかのように仕立て上げるなど、罪の無い人間を陥れるような裏工作ばかりだったからです。しかし、出産間近の妻との暮らしを守る為に仕事を辞めるわけにはいかない状況でした。しかも、女性がハニートラップを仕掛けたとでっちあげる為のフローチャート図が何故か外部に流出して週刊誌に載ってしまい、多田から激しく叱責されます。杉原は指示通りの人物に渡しただけで納得いかないものの、反論する術もなくモヤモヤした気持ちを抱えていました。 5年前、外務省内での書類偽造が発覚した時に庇ってくれた恩人で、尊敬し目標としていた上司との再会にすっかり上機嫌の杉原でしたが、神崎は何故か浮かない顔をしていました。珍しく深酒をして酔いつぶれた神崎は、家まで送ってくれた杉原に対して「実は5年前は、一人で責任を被ったら面倒を見てやると言われたんだ」と言い、「俺のようにはなるなよ」と自嘲気味につぶやきました。 慌てて駆け付けた葬儀が一段落したとき、杉原は妻から何度も連絡があったことに気が付き、あわてて病院に駆けつけました。杉原はほっとすると同時に、悔恨の念にとらわれました。そして東都新聞の吉岡エリカも神崎の死に衝撃を受けていました。吉岡は送られてきたFAXを取材を基に重ね、大学新設計画に関する極秘情報を送ってきたのは神埼だったのではないかという結論に達していたのです。 そして、5年前の事件後に神崎が外務省から内閣府に異動となり、新潟に作られるはずだった医療系大学院とその施設の建設認可に携わっていた事を知ります。神崎はその施設の認可を認めませんでした。しかし、神崎が死んだのと同時に計画が設置場所を変えて再び進行中である事も分かりました。 しかし吉岡は「だからやめろと言うんですか?」と反発し、逆に真相を追及する意思をより一層強くしたのでした。そこには、かつて優秀なジャーナリストとして名を馳せながら、スクープ記事で誤報を出してしまった事が原因で自殺した父への想いがありました。尊敬する父と同じ道を選んだ以上、権力に屈するような仕事はできないと吉岡は思っていたのです。 神崎の死は、大学新設を止めたかったことと関係しているのではないか、そして新しく立ち上がったという新設大学に関する別の資料を持っているのではないかと二人は考えます。その資料を探すため、二人は神崎の家に向かいます。出迎えてくれた神崎の夫人(西田直美)に事情を説明した後、吉岡が以前にFaxで送られてきた羊の絵を見せました。妻はそれを見て、一冊のスケッチブックを出してきました。子供のお絵かき帳ですが、その中にFaxそっくりの羊が描かれていました。「それは主人が描いたものです」そして、夫人は2人を神崎の書斎に案内してくれました。 「神崎さんは、日本でも同じ事態が起こると考えていたのではないか?」吉岡と杉原、編集長・陣野の3人は、内閣府が日本国内に「大学の研究設備」と言う形で生物兵器の研究や開発が可能な施設を作ろうとしているという結論に達します。しかし、記事にするには軍事目的という明確な証拠が必要です。吉岡は杉原に協力を仰ぎました。 約束をしているので、部屋で待たせてくださいと部屋に入り込むと、資料を探し始めました。一方、吉岡は出勤の途中の都築を取材と称して足止めし時間稼ぎをします。その間に目的の大学建設に関わる資料を探し出した杉原は一枚、一枚、スマホで撮影をしてゆき、間一髪で都築がやってくる前に部屋から抜け出す事が出来ました。 そんな陣野に杉原は言い切りました。「そのときは僕の実名を出してください」 杉原は、暫く見ていなかった郵便受けの中に神埼からの手紙があったことに気が付きます。それは、杉原に宛てた遺書でした。そこには軍事目的の設備が施された大学の認可に自分の判子が押されていることに対する苦しみが書かれていたのです。 そんな杉原の意志を受け、ついに吉岡の書いた記事が新聞の一面を飾りました。 数日後、吉岡は陣野からホテルの一室に呼び出され、悪い知らせと良い知らせがあると聞かされます。悪い方は、政府がマスメディアを使い、死んだ上司のために杉原が暴走した事にして間違った内容を記事にさせたと情報操作をしようとしている事、良い方は、大手新聞各社が東都新聞のスクープのあとを追い続々と記事を載せている事でした。「続報として杉原さんの名前を出します」と吉岡は言い、彼のもとへ向かいました。 電話の主は「あなたがあの記事を書いた吉岡さんですね」と語りかけてきました。「よく書けている。お父さんにそっくりだ。知っていますよ、貴方のお父さんの記事は誤報じゃなかった。でも死んでしまった。残念ですね」電話の主は多田(田中哲司)でした。吉岡は激しく動揺するものの、何とか礼を言って電話を切りました。 受話器を置いた多田は目の前に立っている杉原に問いかけます。顔面蒼白で無言の杉原に向かい、表情を変えない多田は更にささやきました。「外務省に戻りたいか? しばらく外国に駐在しろ。そのうち、世間は忘れる。そのかわり、今持っている情報はすべて忘れろ」黙って出ていこうとする杉原の背中に向かって多田は更に言葉をぶつけます。「杉原、撤回することは恥ずかしいことじゃないぞ」 一方、杉原の頭には先程の多田の言葉が渦巻いていました。苦悩に満ち、頭を抱える杉原。横断歩道の向こう側に杉原を見つけた吉岡は大きく手を振りました。杉原の顔はげっそりとやつれ、唇が何かを伝えるように動き、吉岡は目を見開きました。ここでTHE ENDです。 この作品はフィクションですが、現実の事件・スキャンダルを思わせる話が随所に出てきてリアリティがあり、実際の事件経過を見ているような緊張感に満ちていました。人を陥れたり秘密を守らせる為に、その人の将来や家族を盾にとって脅すやり方や、SNSを使った情報操作など、本当にこんな事が行われているかもしれないと思うと、空恐ろしくなってゾッとしました。 対して、子供の誕生を待ち望む杉原夫婦の会話や、圧力をかけられればかけられる程に逆に奮起して真相を追求しようとする吉岡の表情は生気に満ちて、血が通ったものを感じました。自分の過ちに耐え切れなくなりながらも、それを正すにはどうしたらいいかを真剣に考え、人として真っ当な道を歩もうとする神崎や杉原の姿からは仕事に対する誇りが感じられ背筋を正される思いがしました。 エンターテインメントとしての映画が多い中、見る者の心をまっすぐに貫く、骨太の社会派作品でした。 ここ、意見がわかれそうですが・・・「ごめん」です。杉原はすべてを理解したうえで(納得はしていない)上司に従うのでしょう・・・

日本アカデミー賞とかいう誰得映画祭受賞作品。ほかの作品がもっとひどいから仕方なくこれを選ぶしかなかった、というレベルの映画です。39点映画新聞記者のあらすじ日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育った東都新聞記者の吉岡のもとにある日、匿名で 1995年に公開後から今に至るまで名作と名高い本作のあらすじやキャスト、制作秘話や劇中の名言などを紹介する。 役によって多彩な個性を見せてくれる俳優・伊藤健太郎。「今日から俺は!!」ほか、ドラマや映画で大活躍中です。今回はそんな伊藤健太郎のプロフィールや、おすすめの出演作などをご紹介していきます。

最近話題のキーワードピックアップ シネマカフェで話題のキーワードカテゴリ一覧ピックアップ シネマカフェについてピックアップ シネマカフェ | 映画・アニメのまとめサイト© IID, Inc. 【日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞】映画「新聞記者」のあらすじとレビューの紹介から、私がおすすめする見どころを紹介しています。映画「新聞記者」を見るならu-nextがおすすめです。31日間無料で映画が見放題!超簡単!無料で見る方法も解説しています。 「いま見たい動画が、きっと見つかる。」というコンセプトのもと、およそ12万作品もの動画が見放題の配信サービスdTV!話題作が並び、コストパフォーマンスも高いので気になっている人も多いのでは?ここではdTVで視聴できる映画・アニメのおすすめ作品を紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね! 衝撃の問題映画「新聞記者」ラストシーンのセリフは何だったのか?杉原と吉岡はこの先どうなってしまうのか? ストーリーのネタバレあらすじと個人の考察・感想をまとめています。


すわ 親治 流し の コント, アリナミンv Cm ロケ地, ごめんね青春 Dvd レンタル, レミゼラブル マリウス 嫌い, 霊 視 占い 芸人, 上白石萌音 横浜流星 ツイッター, ゆ ぺ さらアルバム 通販, キラーズ 10人の殺し屋たち 解説, 新井麻希 裏 アカウント, 無痛 ドラマ フル, 松田翔太 秋元梢 結婚式, も も クロ ダイエット 企画, スカーレット 直子 再婚, 寺尾聰 シャドー シティ 歌詞, 帝一の國 舞台 動画, 日向坂 雑誌 批判, 志村 再会 いかりや, 相撲 2020年 05 月号, 親方 ユーチュー バー, 斉木楠雄のψ難 明智透真 声優, ニュージーズ チケット いつ届く, マホト インスタ アカウント, 寄生獣 漫画 無料 ダウンロード, Mother ドラマ 4話, 日向坂 3期生 可愛くない, フルラ 長財布 ピンク, BEAMS ランドセル 香川照之, フローズン グラウンド 意味, 日系 ブラジル人 アマンダ, 銀魂 さらば真選組 何巻, 週刊文春 杏 東出昌大, 宮迫 蛍原 解散, ピーター 引退 理由, 4チーム リーグ戦 表, 剣道 三段五段 高校, 新福菜館 通販 冷凍, テレビ東京 ドラマ 過去 一覧, 刑事7人 シーズン3 動画, ごくせん 卒業スペシャル キャスト, News23 ツイッター リアルタイム, 将棋 三段に なるには, Fire TV キャプチャ, サカナクション 奈良 映画, Hulu 同時字幕 Chrome, 松雪 泰子 公式, 大野 いと 年齢, ハワイアンズ ファイヤーダンサー 給料, ヲタ恋 グッズ アニメイト, Ai崩壊 ネタバレ 桜庭, サミールナスリ Urban Tote, 芸能界特技王決定戦 Teppen 2019 冬の陣 動画, セリア 編み物 用品, 長渕剛 しゃぼん玉 コード, 志村けん 東村山音頭 歌詞,

映画 新聞記者 あらすじ