白 鵬 品格がない


春場所まで続いた横綱・白鵬と協会の「冷戦」。大鵬の幕内優勝32回を超え、春場所では34回目の優勝を達成し「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが… 春場所まで続いた横綱・白鵬と協会の「冷戦」。大鵬の幕内優勝32回を超え、春場所では34回目の優勝を達成し「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが…
No reproduction or republication without written permission.掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 荒井太郎 「品格、力量抜群に付、横綱に推挙す」-。横綱推挙状の文面にはそう記されている。ただ強いだけでは横綱にはなれない。品格が力量より先に挙げられているのは、その重要性が強さ以上であるからだろう。 白鵬の「かち上げ」はプロレス技に近い No reproduction or republication without written permission.掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 俳優の坂上忍がテレビ番組で「角界の常識は世間の非常識」とあきれ顔で発言した。むろん、この言葉の裏にあるのは角界を揺るがす相次ぐ不祥事である。神事を起源とする相撲は、わが国の国技として古くから愛される伝統文化のはずだが、なぜスキャンダルがこうも後を絶たないのか。文字の大きさ読了まで相撲ジャーナリスト。昭和42年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、百貨店勤務を経てフリーライターに転身。専門誌の寄稿、連載、およびテレビ出演、コメント提供も多数。2015年1月に創刊した『相撲ファン』の監修を務める。著書に『歴史ポケットスポーツ新聞 相撲』『歴史ポケットスポーツ新聞 プロレス』『東京六大学野球史』『大相撲事件史』など。Copyright © 2020 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. スポーツ2015.03.23 07:00  NEWSポストセブン 春場所まで続いた横綱・白鵬と協会の「冷戦」。大鵬の幕内優勝32回を超え、春場所では34回目の優勝を達成し「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが白鵬なりの「品格」なのか。3月23日発売の週刊ポスト(4月3日号)は、歴代6位の幕内優勝22回を誇る貴乃花親方に、白鵬についてどう考えているかを直撃している。──最近の白鵬は、髷を結いながら受けることが慣例の囲み取材の時に、記者のほうではなく壁を向いて座っている。「相撲の場合は、支度部屋に記者さんが自由に入ってきて取材できますが、あそこは更衣室ですからね。他の競技で選手が裸のところに入る文化はないじゃないですか。競技が終わって、気持ちを静めるところでもあるわけで、本来は表に出ない部分ですから」(貴乃花親方。以下「」内同)──親方も白鵬と同じ気持ちになったことがある?「そうですね……。頭と頭のぶつかり合いをして、その衝撃はみなさんが想像している以上のものです。その興奮状態が支度部屋でも続いています。それで喋りきれないこともあったと思います」 白鵬を擁護しているように聞こえるが、自らの体験からくる心底の同情なのかもしれない。 貴乃花親方もまた孤独な横綱であった。明るいキャラクターの兄・若乃花と対照的に口数が極端に少なく、求道者のような佇まいで黙々と鍛練を重ねた。現役時代は「何を聞いてもほとんど答えない記者泣かせの力士だった」(相撲ジャーナリスト)という一面は今の白鵬と重なる。 しかし、寡黙とはいっても横綱・貴乃花は記者会見を拒否するようなことはなかったし、ましてや審判を批判したこともない。強さだけでなく、そうした姿勢が「大横綱」と称された所以だった。 そして現在は協会の大幹部として力士たちに大相撲の品格を守らせる立場だ。それは相手が史上最強の横綱であっても同じだろう。 なお同誌はさらに、白鵬の品格について貴乃花親方に訊き、とマスコミの冷戦や千代鳳と琴勇輝の「雄叫び」に対して「やめろよ!」と注意したことについても見解を問うている。ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。© Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved.

スポーツ2015.03.23 07:00  NEWSポストセブン 春場所まで続いた横綱・白鵬と協会の「冷戦」。大鵬の幕内優勝32回を超え、春場所では34回目の優勝を達成し「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが白鵬なりの「品格」なのか。3月23日発売の週刊ポスト(4月3日号)は、歴代6位の幕内優勝22回を誇る貴乃花親方に、白鵬についてどう考えているかを直撃している。──最近の白鵬は、髷を結いながら受けることが慣例の囲み取材の時に、記者のほうではなく壁を向いて座っている。「相撲の場合は、支度部屋に記者さんが自由に入ってきて取材できますが、あそこは更衣室ですからね。他の競技で選手が裸のところに入る文化はないじゃないですか。競技が終わって、気持ちを静めるところでもあるわけで、本来は表に出ない部分ですから」(貴乃花親方。以下「」内同)──親方も白鵬と同じ気持ちになったことがある?「そうですね……。頭と頭のぶつかり合いをして、その衝撃はみなさんが想像している以上のものです。その興奮状態が支度部屋でも続いています。それで喋りきれないこともあったと思います」 白鵬を擁護しているように聞こえるが、自らの体験からくる心底の同情なのかもしれない。 貴乃花親方もまた孤独な横綱であった。明るいキャラクターの兄・若乃花と対照的に口数が極端に少なく、求道者のような佇まいで黙々と鍛練を重ねた。現役時代は「何を聞いてもほとんど答えない記者泣かせの力士だった」(相撲ジャーナリスト)という一面は今の白鵬と重なる。 しかし、寡黙とはいっても横綱・貴乃花は記者会見を拒否するようなことはなかったし、ましてや審判を批判したこともない。強さだけでなく、そうした姿勢が「大横綱」と称された所以だった。 そして現在は協会の大幹部として力士たちに大相撲の品格を守らせる立場だ。それは相手が史上最強の横綱であっても同じだろう。 なお同誌はさらに、白鵬の品格について貴乃花親方に訊き、とマスコミの冷戦や千代鳳と琴勇輝の「雄叫び」に対して「やめろよ!」と注意したことについても見解を問うている。ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。© Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved.

少女時代 スヨン 人気, ハムスター 経口 補水 液, 怪盗キッド 小説 激ピンク, ヲタ恋 グッズ アニメイト, スカッと ジャパン 全員 スカッと しない, 10の秘密 松村北斗 何話, ヒロイン失格 映画 フル高画質, おはようコール 小谷渉子 妊娠, 中川大志 映画 2019, 野ブタをプロデュース ネタバレ 犯人, 東出 #杏 ツイッター, とんねるず 今後の 予定, ジークンドー 東京 石井, オールナイトニッポン 歴代 ランキング, 水を飲ん では いけない 理由, エコエコアザラク 映画 配信, おしゃかしゃま ライブ ベースグランドエスケープ (Movie Edit 違い), トゥデイ JW3 キャブ, ミッフィー あみぐるみ ハマナカ, 春風 亭 昇太 元宝塚, ガッツ ジュン キャスト, ゴッドタン DVD 西野, 広末 涼子 売上 枚数, 愛し たって 秘密はある 6話, ラストフレンズ 6話 あらすじ, 病室で念仏を唱えないでください 5話 動画, スカッとジャパン 嫌い 2ch, おかあさん といっしょ Pv, 流派-R さ なり, リゼロ 小説 値段, グッディ お天気キャスター 寺川, Yukkenyamo インスタ 離婚, でらなんなん 大須 行き方, 妖怪ウォッチ おもちゃ 更新, 志村けん タイム ライン, KIKKAWA KOJI 1990, 日々是好日 本 アマゾン, Dasada 1話 動画, リンカーン 教科 クイズ, 原田葵 ゴルフ コーチ, 金スマ 岡村 YouTube, 昴 Zip 漫画, ナーサリー ライム 攻略, 足指 汚い 芸能人, 令和 の常識 やってTRY, 中川大志 福士 壮太 共演, 井浦新 弟 画像, ハワイアンズ ファイヤーダンサー 給料, 納豆 効果 肌, Leave Alone 意味, Day Dream 意味, 相撲 アナウンサー 佐藤, ドラマ 家 ロケ地, FNN みんなの ニュース, パンテーン ミラクルズ リッチモイスチャー 口コミ, 土屋 太鳳 山崎賢人 ツイッター, ロングマン 英英辞典アプリ Android, プロポーズ大作戦 パンドラ 5, 毛利小五郎 名言 映画, His/story 歌詞 和訳, 麒麟がくる紀行 ウクレレ 楽譜, Nhk 関根勤 体操,

白 鵬 品格がない