稲盛和夫 本 おすすめ

集団を細分化する条件は次の3つです。 このように小さな集団に分けてそれぞれ運営させる仕組みがアメーバ経営です。そして、最大のポイントは、「一度分けたユニットを再構成できる」こと。 稲盛氏は創業からしばらく、営業から製造、管理、クレーム処理まですべてを抱え込んでいたそうです。しかし拡大期に、経営者一人ではどうにもならないと実感。打開策を考え続ける中で「100人は無理でも、2,30人をまとめられる人材なら何人もいる。ならば集団を小さく分ければいい」と、ひらめいた手法がアメーバ経営でした。 そういった疑問点を解消すべく、ヒアリング調査に踏み切ったのが本書です。話を聞いていくと、現場のリーダーたちは自分のアメーバの目標をどう達成していくかについていきいきと語ったそうです。 アメーバ経営は経営哲学の浸透なしには成り立ちません。その点で、定着までに時間がかかるのがデメリットだと言えます。小集団では一人ひとりの働きが利益に大きく影響するので、採算を取れるようになるまでは我慢が必要かもしれません。 製造部門なら、生産金額を収入として計上し、労務費を除くすべての控除額を差し引き、差引売上を算出します。これを総労働時間で割ったものが「時間当たり採算」です。つまり、「1時間にどのくらい付加価値を上げられたか」がわかる仕組みになっています。そしてこの付加価値をいかに上げていくかが各アメーバの目標となります。 昭和における経営の神様といえば松下幸之助ですが、敗戦間もない貧しい時代に働き始め、京セラ設立、KDDI設立、JAL再建など、まさに仕事漬けの人生です。なんでそれだけ働けるんだろう?と若者はツッコミたくなりますおそらく稲盛和夫さんの本を読むのは、年齢層の高い人たちだと思います。 僕のように20代で稲盛和夫さんの本を読む人は少ないかもしれませんが、間違いなく若者にも有益な本ばかりです。別に僕は(おそらく多くの若者と同じように)「仕事こそが人生」という考え方ではありません。今回は、稲盛和夫さんの本を読みまくった僕が、おすすめ本を厳選して紹介します。スポンサーリンクタップできるもくじ稲盛和夫さんは「誰にも負けない努力が必要だ」と言います。わずかだけあるプライベートな時間は、読書にあてていたそうです。家族とはどう接していたんでしょうか?やはり、家族との時間は少なかったそうで、子供と過ごす時間も少なかったとか。まさに仕事漬けの人生ですが、「誰にも負けない努力」をするためには、それくらいの犠牲は必要だったのかもしれません。仕事をものにしたいなら、「燃える闘魂」が必要であり、それが最近の若者には欠けているものなのかもしれません。稲盛和夫さんいわく、仕事の結果は次のような方程式で決まるそうです。「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」まず1つ目の要素として、考え方が重要であり、人間一人一人には哲学が必要である。2つ目の要素が熱意。誰にも負けない努力をし、燃える闘魂を持つべきだ。3つ目の要素は能力。これは単に生まれ持った能力。先天的なものなので、努力だけでは得られない。稲盛和夫さんの方程式によると、「人間は不平等なものだ」ということを計算に入れていますね。だって能力は生まれ持ったものなので、なかなか変えられませんしかし、考え方や熱意は変えられる。いくら生まれ持った能力が低くても、考え方と熱意を高めれば、じゅうぶんに挽回可能なのです。これは勇気が出ますね!この本は、中小企業経営者からの質問に稲盛和夫さんが答えていくという本なのですが、Q&A形式になっていておもしろいです。たとえば、経営に苦しむ中小企業の社長がこんな質問をしています。うちの会社は経営が厳しい。満足な給料も払えないが、仕事はたくさんあるので社員の残業が必要なのですが、どうやって残業をしてもらえばいいですか?この質問に、稲盛和夫さんはこう答えています。経営者はプロですから、時間にとらわれず無制限でがんばらなければなりません。ただ、われわれ中小企業が許してもらえる範囲を考えれば、1日2、3時間残業してもらって10時間11時間くらいでしょう。実際には世間相場より低い給料しか出せない中小企業は、それなのに他社よりももっと頑張れと言わなくてはならない。大変な矛盾を抱えているのです。社長が社員にすごい愛情をかけない限り、物質的なものだけでついてくるはずがないのです。稲盛和夫さんは、中小企業の矛盾を指摘しつつ、「だからこそ社長は社員を愛さないといけない」と言っています。お金や待遇だけでは、中小企業の社員はついてこない。社員を愛して、社員が自発的に働いてくれるようにしないといけない。中小企業の経営は、愛情が必要なのです!稲盛和夫さんはこんなふうに言っています。草食系やゆとり世代などと呼ばれる、優しい反面、生きる気力に欠けた人たちが、多くを占めるようになってしまった。稲盛和夫さんが生まれたのは、必死に働かないと今日の飯も食えない時代でしたから、物質的に豊かな時代に過ごす今の若者を見る目は厳しいです。若者もがんばらないといけません!特に後半で書かれている「20代で知っておくべき経営の12カ条」が面白いです。長期の経営計画を立てる必要はない。京セラでは過去の長い間にわたって1年間の経営計画を立てていた。現時点から5年先を見て中長期の経営計画を立てた場合でも、数年後には環境がガラッと変わってしまう。「京セラでは長期的な経営計画を立てていなかった」というのは驚きです!変化の激しいのが今の時代です。どうせ先のことなど読めないのだから、今目の前にある仕事を懸命にこなしていくべきなのかもしれませんね。IPS細胞で有名な山中教授との対談本です。稲盛和夫さんも鹿児島大学工学部卒ですから、お互いに理科系の人間ですから、話が盛り上がっていました。2人の違いが現れていておもしろい箇所があります。 山中教授は ──「IPS細胞のような分野は、成果が出るまでに非常に時間がかかるので、次の世代にバトンを渡さなくてはいけないこともある。ペース配分が大事なので、時には休むことも大事」──と言っていますが、稲盛和夫さんは違います。稲盛和夫さんは──「常に100メートル走を全力疾走する勢いで仕事をしてきた。全速力で走っているうちにそれが自分のペースになった」──と言っています。全力疾走で一度もペースを落とさずに仕事ができるのはすごすぎです!ふつう、短距離走者はすぐにスタミナ切れになって長続きしないものですが、稲盛和夫さんは違うようですね。仕事で全力疾走しながらも、それを長続きさせる……。正直言って、稲盛和夫さんの考え方にはそれほど共感しているわけではありません。何十年も仕事一筋で結果を出して、全力疾走で走り続けられる人もいるでしょうけど、それは再現性がないと思うのです。誰でもできるわけではない僕の生意気な意見を言わせてもらうと、戦前の貧しい時代は「日本を復興させよう」という明確な目標があったので、頑張りやすかったと思うのです。働けば働くほど、目に見えて国が成長していった時代ですもんね。それに対して僕らの時代は、目標が定まりにくい時代だと思います。わかりやすい目標がないのです多くの若者は迷っています。今の若者だって、目標さえ決まれば強いはずです。迷いに迷った末に、自分を納得させる目標を見つけてから、行動すればいい。全力でがんばれないあなたは、目標をまだ見つけていないだけ。本当のあなたは全力でがんばれるはず。僕はそう思います。スポンサーリンクCATEGORY :【初心者向け】5Gについてまずは読みたいおすすめ解説本3選【悪の妄想代理人】貴志祐介の暗黒度100%小説をランキングでおすすめしたい!プレゼン初心者が読むべきおすすめ本を2冊に厳選!【全集読んだ俺が決める】筒井康隆おすすめ小説コンプリート版【読まずに語るな!】綾辻行人の館シリーズをランキングで贈る「本を読むための本」ベストセラー3冊紹介!孤独好きと旅好きは両立すると思う24歳。

copyright honcierge 2014 アメーバ経営とは、稲森和夫氏が京セラの経営に用いた手法です。会社をビジネスの単位になりうる最小単位(アメーバ)に分け、それぞれを独立採算の組織にして、アメーバごとに損益が出る形にします。 そうなれば、構成員全員が会社の発展に貢献しようとする最強の集団になると直感。そしてそのモデルを「家族」に求めました。親が子を思い、子が親を思うというような深い人間関係を築き、助け合える組織をめざしたのです。また、時間当たり採算表などで経営の実態をオープンにすることで、従業員の当事者意識を高めるようにさまざまな工夫もしました。 ミニ・プロフィットセンター(MPC)経営は、近年注目を集めている経営方法であり、アメーバ経営はまさにそれを体現しているため、MPC経営を確立するための非常に有力な研究素材となりました。 小集団ごとの数値を把握しやすいため、経営者にとっても、経営戦略を立てる上で分析のスピードを上げられるというメリットがあります。 小さな集団であっても、その経営を任されることでリーダーには経営者意識が生まれます。リアルに利益や売り上げの数字が出るため、業績に対する責任感が強くなり、働く姿勢も受動的から能動的に変化します。 「生き方」の本を読むのは好きで定期的に読むようにしてます。今回、読んだ本は稲盛和夫の本ですが経営についての本ではなく、彼の人生哲学について書かれた本です。「稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか」という本はモラルの低下した日本を立て直すきっかけになるのでは? 会社の経営理念もその一つですが、現場での行動に直結する考え方などにも共有が必要な場合があります。京セラでは「値決めは経営」「能力を未来進行形でとらえる」「営業と製造はともに発展するもの」「常に創造的な仕事をする」などの哲学を常に共有していると言います。 Amazonで稲盛和夫の生き方。アマゾンならポイント還元本が多数。稲盛和夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また生き方もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 アメーバ経営は、ビジネスや経営に関わる人なら一度は耳にしたことのある言葉ではないでしょうか。京セラの創業やJALの再建などを成功させてきた稲盛和夫氏が、どんな意図でアメーバ経営を確立したのか、深く理解できる本をご紹介します。 ケーススタディは多業種にわたり、アメーバ経営が他の業種においても有効であることが理解できますし、今は世界にも広がっています。稲盛氏の言う「大家族主義」は極めて日本的な経営方針に思えますが、「人」「信頼」をベースとした小集団でのマネジメント手法は、他国にも理解される、本質的な手法であるとも言えるのです。また、経営哲学を浸透させることにより、企業文化を変化させ、社員の人生観までも好転させる力があります。アメーバ経営を取り入れたい企業が後を絶たないのはこの経営哲学があるからといっても過言ではないでしょう。本書は、アメーバ経営のシステム概要、運用方法、導入事例を述べつつ、アメーバのリーダーや構成員にヒアリングを重ねた結果を客観的に述べた内容になっています。アメーバ経営のように、今までにない手法で成功した事例が出てくると、注目を集める反面、疑いの目も向けられるようになります。小集団に採算まで任せて大丈夫なのか、厳しい目標を課すことで現場が活性化するのは本当なのかなど、疑問点は考えはじめればきりがありません。 たとえば1時間当たり3600円の労務費がかかっている部署では、1分あたり60円、1秒あたり1円がかかると計算できますよね。このようにリアルな数字としてメンバーが理解することで、生産性の高い組織になろうという意識が働き、緊張感のある職場になるという効果があります。

ランボルギーニ ウラカン 緑, カラオケバトル 芸能人 結果, ヒルナンデス冷蔵庫の持ち主 3 月 16 日, 浅村 栄 斗 キャプテン, Ray 雑誌 4月号, 宇宙 星 種類, オオカミちゃんには騙されない 地上波 2020, 志村けん 大悟 飲み, 文部科学省 熱中症 コロナ, コゼット 子役 NHK, Nil Null Ruby, 相撲 死亡 最近, ネットフリックス スーツ 英語字幕, 杏 双子 年子, コードブルー3 1話 Pandora, 小坂 菜緒 ディズニー 遭遇, イアン アンソニー デイル 母親, ふたり ドラマ ネタバレ, テスラ マイカー ローン, 四ノ宮那月 歌 うまい, 日向坂46 ペンライト 公式, ゆい ちゃん ず パート, 舌ピ キャッチ 取れる, Perfect Money 出 金, むさし の雅楽 会, あさ イチ そぼろ丼, アンフェア コードブレーキング ネタバレ, 欅 共和国 売上, Amazonプライム オタク に恋は難しい, Oab 気象予報士 坂井一郎 年齢, リゼロ 小説 値段, 絶対零度 2018 相関図, はじめ しゃ ちょ ー の畑 洋平, テセウスの船 上野樹里 二役, ファーストラブ ドラマ キャスト, 必要水分量 小児 覚え方, ピレネックス レディース 口コミ, アナウンサー 仕事 時間, 下町ロケット 特別 総集編 見逃し, サンデー毎日 媒体 資料, 愛を感じて ピアノ 楽譜 上級, 歴史 ヒストリア 斎藤 道 三, やりすぎ 都市伝説 2020 6 月 25 日 動画, 4チーム リーグ戦 表, 相撲 フィリピン ハーフ, コウノドリ 6話 動画, 磯村 勇 斗 スカッと ジャパン, 今日から俺は 前売り券 値段, Mono 意味 医療, 大河ドラマ 篤姫 動画, 報道特集 ファー ウェイ, まんぷく 赤津 スカーレット, 池上 季実子 イングレス, 鶴田浩二 同期の桜 Youtube, 山田孝之 ムロツヨシ 佐藤二朗 ドラマ, ファント ミラージュ イベント 常滑, なつぞら 125話 Pandora, パラキス ジョージ モデル, すてきな片想い 動画 1話, 鈴江奈々 News Every 衣装 同じ, フランスパン 朝食 レシピ 人気, たか げんじ 優勝, SKYSEA 保守 初年度, 出張報告書 テンプレート Excel, 樺倉 花子 結婚, 谷本道哉 身長 体重, ホンマでっか 出演者 先生, 三浦友和 若い頃 イケメン, シャーロック メアリー 嫌い, 新撰組 動画 2話, ハムラアキラ ロケ地 最終回, Linux Zip 内容 確認, 日 向坂 46 インタビュー, 勝地 涼 スケジュール, 宇野実彩子 グッズ Mu-mo,

稲盛和夫 本 おすすめ