衛宮士郎の養父で、士郎は彼の雰囲気から「じいさん」と呼んでいる。大河とも親しかった。10年前に士郎を災害から救い、身寄りのない彼を養子に迎えた。その際に自分を魔法使いと名乗っている。実際に魔術師であり、士郎に魔術の知識を与えた。『 士郎はスカサハの言葉に押し黙った。 士郎の射に対する才能は、神童と言っても過言では無い。 神童と呼ばれる人種はその手の才能を感覚で行うので、それを分かる様に説明できない者が多い。 勿論、士郎も射に関して言えば典型中の典型である。

グレイズアナトミー カリー 死亡, カゴメ トマトペースト 値段, Nhk おひさま 再放送, Nhk アナウンサー 新潟出身, 山下智久 新垣結衣 小説, 令和 の常識 やってTRY, 貴乃花 雅 山, 御曹司ボーイズ ネタバレ 17話, 渡辺大 杏 兄弟, 出張報告書 テンプレート Excel, 高見山 登山 服装, 一 つ屋根の下 小梅役, パウパトロール エベレスト いつから, 寄生獣 アニメ 1話 無料, Bs朝日 ドラマ キーワード, クロミ コラボ ワンピース, コードブルー Dvd 種類, 鈴木紗理奈 息子 留学, やったぜ 加 ト ちゃん, 奈緒 デビュー きっかけ, 羽生善治 名言 2ch, ABC アナウンサー カレンダー, SBI 保険 CM 歌手, 無限の住人 幕末ノ章 感想, ">

衛 宮士郎 共感 できない

【そういう設定】「衛宮士郎に全く共感できない」「不快」という感想は正しい【Fate/stay night】 2019/01/24 2019/01/24 『Fate/stay night』の感想で「衛宮士郎に全く感情移入できない」、「何を考えいているかわからない」、「言動が不快」という意見は初期からよくあるのですけどね。 :*・゚ . 今は亡き義五年間まったく進歩がない、という現状に焦りを覚えつつも、今自分にできることとして身体を鍛え、生活費を自分で賄うために特技は困っている人への助けを惜 余談だが、「しかし、以以下核心につき以下核心につきこれは【スポンサーリンク】 「Fate/stay night」の主人公。冬木市に住む魔術師(正確には魔術使い)見習いの少年で、穂群原学園2年C組所属。養父の影響で「正義の味方」になることを本気で志す。聖杯戦争に巻き込まれ、偶発的にセイバーを召喚してマスターとなり、以後争いを止めるために奮闘する。続編「Fate/hollow ataraxia」では、再開された聖杯戦争と繰り返される四日間の解決に奔走。昼間は彼の視点で物語が進むが、実は最も特殊な立ち位置。 みんな「士郎には共感できない」って言いますが・・・ 共感できてしまうですよ、これが← ではエミヤ考察①では、エミヤ一族の一覧的なものを作成して、 まずは頭の中でどんな人物かをおさらいすることからしていきましょうかね~ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.

日本の地方都市「冬木市」にある穂群原学園に通う二年生。今は亡き義父\"衛宮切嗣\"に頼み込んで八年前から魔術を教わり、毎日鍛錬を続けているが腕前はぶっちゃけ半人前以下。魔術師とは名ばかりの、それも見習い以下の腕前である。養父が死んだ後も五年間独学で、毎夜死ぬ危険のある無茶な魔術の鍛錬を繰り返していたが、成果は全く出ていない。五年間まったく進歩がない、という現状に焦りを覚えつつも、今自分にできることとして身体を鍛え、生活費を自分で賄うためにアルバイトに励んでい … 本来の衛宮士郎なら家事ダメダメのおっさんを見て家事が上達するはずなのだが、俺にはどうやら料理の才能がないようだ。食えればええやろ(暴論) さてここまではありふれた日常を語ってきたわけだが、直視しなければならないことがある。 (注)さらに!!ここに書かれる事柄は必ずしも正解とは限りません。さて、やっと型月考察を始めることが出来ますねwなんか色々年始で忙しくて家に居なかったw水曜日はいたんですがね~2個更新で諦めたorz目的・進行・目標は前回書いた通りなので・・・気になる事柄をざっくばらんに考えていくことにしましょうかね・・・アリアケとしては型月主人公としてこの人がすごく気になるんですよね~この人というか、この一族というか・・・そう!型月にハマったきっかけでもあるこのエミヤん・・・みんな「士郎には共感できない」って言いますが・・・共感できてしまうですよ、これが←ではエミヤ考察①では、エミヤ一族の一覧的なものを作成して、まずは頭の中でどんな人物かをおさらいすることからしていきましょうかね~゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。. この記事はFate/stay nightの主人公、衛宮士郎についての考察記事です。私は衛宮士郎(広義)が好きだ。はじめは、劇場版HF2章の士郎の表情の描写があまりにも良すぎて「3ルートの中でHFの士郎が一番人間らしいよ!!!」と、士郎の人間らしさについて語ろうとしたけれど、真剣に考えていたら今回は「Fate/stay night」のみに絞って語っています。消化せずにはいられなくて、例のごとく長いのでお暇な方はお付き合いください。Fate/stay night(以外SN)については、前半2ルートは王道、桜ルートは異質とよく語られる。私も以前、紹介記事でそう書いた。でも、最近は「少し違う」と思えてきてしまった。ここからの話は、これらの尊さを否定するものではない。この2ルートを、士郎を通して見た場合、手放しで「かっこいい!美しい!」とも言えないという話。士郎にとってセイバーは手の届かない星だったからこそ、あの別れが美しい。あの二人の淡い恋心は、現実では成り立たない。おとぎ話の「めでたしめでたし」が現実での生活ではなく二人にとっては現実での別れだった。ラスエピでは救いがあるけど、現実では士郎はセイバーとは幸せになれない。このルートでは「ヒーローは誰が救うのか問題」について論じられているのに、誰もヒーローを救わないし、ヒーローはヒーローのままで構わないと腹を括ってしまう。セイバーと違い、凛は未来を共に生きることで士郎の行く末を見守るだろう。凛がいる限り士郎がアーチャーになることはないが、士郎は荒野を目指し続ける。かつての衛宮士郎であるアーチャーも「大丈夫だよ遠坂」と言って笑顔で消えたけど、それは凛のためで、結局アーチャー自身は守護者のままで、救われない。「Fate/stay night」を衛宮士郎の物語として捉えると、前半2ルートにおいては士郎自身の理想は変わらないし、事実として叶う未来は訪れない。私はそれがしんどい。では桜ルートではどうなのか、という話をこれからダラダラするのだけど、最初は「桜ルートでは人間になった」という話をしようとしたのだけど、考えているうちに解釈が変わってしまった。結論だけを先に述べておくと、前半2ルートと桜ルートはコインの表と裏のようなもので、桜ルートでは一見士郎が変わったように見えるけど、桜ルートについて語る前に、衛宮士郎それ自体について語る必要がある。衛宮士郎は、とても難解なキャラクターだと言われる。奈須きのこの言葉を借りるなら「士郎は人間のフリをしているロボット」だという。この言葉については「基本のプログラムがあって、状況が変わってもそのプログラムに則って行動する」そういう部分がロボットのようだ、という意味だと私は解釈している。そして、そのプログラムはいくつかあって、代表的なのは……と、こうして士郎についてそこそこ語れる私だけど、以前は士郎が好きじゃなかった。アーチャーのことは好きだったけど、士郎については少なくとも今ほどは好きじゃなかった。アニメUBWからFateにハマったのは4年前、仕事を辞めたばかりの頃。心はボロボロで、原作を最後までプレイして死ぬほど泣いたけど、話の内容を今ほど深くは理解できていなかった。中でもとりわけ士郎についてはよくわからなかった。自己犠牲的な部分は自分と似ているけど、自分ならセイバーが傷ついていてもバーサーカーの前に飛び出すなんて、足がすくんでしまってとてもじゃないけどできない。セイバールートの士郎には正直イライラさせられたし、そもそもストーリーを追うのに精一杯だったから、士郎に感情移入している余裕なんてなかった。クリア後、いろんな人の解釈を読むにつれて、少しずつ士郎や作品に対する理解が深まっていった。士郎を理解しようとしたのは「アーチャーが好きだから、アーチャーの根幹も理解したい」という動機からだったけど、そのおかげで士郎の魅力もなんとなくわかってきた。原作をもう一度読み直したくなり、2周目をやった。そしてセイバールートでデートして喧嘩して仲直りした帰りにギルに襲われたシーンで、士郎が立ち上がろうとした時に、地の文にその時私は、衛宮士郎という沼に真っ逆さまに落ちた。士郎は行動や感情のプログラムにエラーがあるだけで、感情がないわけじゃない。年頃だからそれなりに異性にも動揺するし。でも、びっくりするほど痛みに平気な顔をするし、自分を顧みない。誰かのために体を張れるのは、一見強いように見えて自分の気持ちを度外視した歪さからだ。それに加えて士郎は衛宮士郎の揺らぎ、少年の葛藤や弱さを全て削ぎ落としたのがアーチャーだと思う。未来の衛宮士郎である彼は、表面上は似ても似つかないけど、掘り下げると彼も本質は変わらない。それでもアーチャーの方が人気なのは、アーチャーは活躍がかっこいいし、士郎に比べてわかりやすいからかもしれない。加えて、士郎の理想は実現が困難なのは事実なので、その理想に後悔しているアーチャーに読者は共感しやすいと思う。それに士郎よりは達観しているし、現実主義だからなおさら。けど彼もまた衛宮士郎だ。セイバールートでは士郎たちを逃がすために自らしんがりを買って出るし(帰らない前提)、凛ルートでは凛の勝利のために自分の立場を顧みない裏切り行為をするし、桜ルートでは私怨よりも状況の解決を優先する。凛ルートでは状況が揃ったから最後まで生き残れたけど、それ以外では退き際をしっかりわきまえる。アーチャーの一番の目的は「凛を勝利させること」。そこだけはブレないから選択に迷いがない。そう、また無力な士郎と違い、主人を守る立場で戦う力もあるので、状況ごとに対処可能な選択肢を取っているように見えるけど、やっぱりそこに「自分を顧みる」という思考はないように見える。根っこに走っているプログラムは変わってない。それがあるから、あのラストであんな笑顔ができるわけで……。そして先ほどアーチャーは現実主義と言ったけど、士郎もまた冷静で現実主義だ。頭の回転だって決して鈍くない。判断力もちゃんとある。それは地の文でよくわかるし、今回の劇場版ではとてもよく表現されていた。士郎のほうがヘタレに見えるのは、アーチャーほどの割り切りができなかったり、少年らしい葛藤があるから。それに、士郎は切嗣を継ぐと決めた時点で人を殺すことに対しての覚悟を終わらせている。士郎はそもそも戦う事に躊躇いはない。戦う事に躊躇いがないということは、状況に応じて手を下す事にも躊躇いがないということ。士郎は聖杯戦争に巻き込まれたから戦っている訳じゃない。わかりやすい例で言うと、ランサーに襲われて土蔵に駆け込むところ、あそこは逃げてるんじゃなくて「土蔵に行けば何か武器がある」と思って土蔵に行くチャンスを伺ってた。つまり戦う気満々だった。あと、士郎は大事な人(家族)を傷つけられると激昂するという側面がある。それが度を越せば、友人でも殺す事を辞さない。各ルートで慎二を止めるために最終的に殺すことも考えるし、凛ルートで藤ねえを助けるために凛を殺すことを勘定に入れるほど。そう言うと冷徹なようにも見えるけど、逆に言えば士郎は家族と認めた人はものすごく大事にするし、大切な人を守るために必死になる。大切な人との食事の時間も大事にする。それがどんな状況であれ。……そこも機械的だな。ちなみにアーチャーも、律儀に凛の名前を聞いたり、紅茶を淹れてあげたりする。ああもう、キリがない。失礼、取り乱しました。私が思うに、衛宮士郎の魅力とは、そういう歪さと、等身大の少年らしさのギャップ。抱えた歪みと達観に対して、士郎本人の精神があまりにも幼い。その不器用さ、アンバランスさにものすごくしんどくなる。ちなみに迷いや葛藤は少ないけどアーチャーも本質は変わらない。歪みはそのままに、ひねくれた方向に成熟した感じ。割と狼狽えるし、話が長いし、優しさが回りくどいし。だけどそこがまた魅力だと私は思う。衛宮士郎の根源は大火災の経験に起因する。そこで得た「失ったものは戻らない、やり直しなんて望めない」という想いはセイバーを救い、切嗣との記憶を経て受け継いだ理想を守る「無茶な願いでも諦めない」という頑なさは、凛の心を動かした。例の高飛びとかもそう。その構図は確かに美しい。でも、そこには士郎自身の救いはない。士郎そのものに変化はない。簡単に形は変えられない。大火災の記憶は言峰曰く「見えない火傷の跡」。私はそれこそが、士郎の人間らしい心だと思う。その火傷の跡を覆うには、ひんやりとした硝子が最適で、上乗せした人間性はつぎはぎだらけで。それでも硝子の傷を、つぎはぎの人間性の間を埋める愛はあった。それは歪な士郎の心に確かに根付いている。切嗣、大河、そして桜。劇場版HFは、表面だけ見れば、そんな愛が頑なな士郎の心を溶かした……そんな風にも受け取れる演出にもなっていると思う。私は、劇場版HF2章で包丁を振り下ろせなかった士郎の「泣き方の演出」があまりに衝撃的だった。思っていた通りの映像だったから。というかこの文章もだいたいそのせいだ。打ちのめされた。士郎は桜に包丁を振り下ろせない。士郎の手は震えて、体は硬直して動かない。直前のモノローグにもあるように、凍らせた士郎の硝子の心。そこには桜への恋心でヒビが入っていた。まるでそのヒビから漏れ出すような涙と、嗚咽。パンフには「眠っている桜を起こさないよう嗚咽を我慢していた」とあった。確かにそれもあるかもしれない。でも、眠っている相手の前で声を殺して泣くにしても、違う演出だってあるはずだ。たとえば眉間に皺を寄せて、歯を食いしばって顔をくしゃくしゃにして泣くことだってできる。でもそこで士郎はそうはならない。凍りついた表情で、目を見開いて、口を開けて、嗚咽を漏らしている。そしてそれが私には、士郎はただ声を我慢しているだけじゃなくて、火災で焼け落ちたと思っていたけど、硝子の心に閉じ込めただけの人間性が、「桜が好きだ。やっぱり殺せない」と、悲鳴を上げているように見えた。そこがあまりにもしんどくて、語りながら号泣するという病にかかってしまった。そして、士郎は決断する。ここでもうひとつの士郎の歪さ「一度決めたことは曲げられない」が発揮される。あれだけ葛藤して、影の正体から目を逸らそうとして、正体を知っても桜を殺せなくてあんな表情で泣いたのに、「裏切るとも」と腹を括った士郎は、もう一人の自分に対して「この理想もわかってくれよ」と。「この理想」とは、衛宮切嗣が切り捨てながら最後に気付いて手に入れようとしたもので、アーチャーが選べなかった選択肢で、言峰綺礼が最初から持たなかったもの。だからこの話で士郎がこの選択をすることには大きな意味がある。けれど、士郎は選択の方向性を決めただけで、その歪さはさほど変わってはいない。ヒビは入っていても、心は硝子のままだ。劇場版HFは、視聴者に感情移入させるため、表情や仕草で「士郎が人間である」ということをこれでもかと見せつけてくる。けどそのおかげで、ふとした瞬間に士郎の歪みが浮き彫りになり、なおのこと苦しくなった。原作プレイ時にはセイバールート、凛ルートのあとの桜ルートとなるので、桜ルートで士郎は変わったと感じた人も多いと思う。劇場版HFでは、特に人間らしい士郎が描かれるので「心境の変化」はわかりやすい。実際に私も公開初日、劇場版HFを見た直後は「士郎が人間になった」と感動し泣いていた。あまりにも生々しい士郎の感情に描写にでも真剣に考え始めたら、桜ルートで「桜の味方になる」と決めた時点でも、「桜の味方になる」と決めた士郎は、決して自分のために桜を選んだ訳ではない。だから、「自分を顧みない」というプログラムはそのままだ。それと加えてもう一つ。一見真逆に見えるこれらの選択は、私にはなんだか、同じことのように思えてきた。つまり、本当にただ守る対象、選択が変わっただけなのだ。士郎は何も変わっていない。そのことに気付いた時、私はゾッとした。「士郎はロボット」ってのは士郎の歪みを表す比喩で、士郎は人間なんだけども。でも少なくとも、その2点の歪みに対して「士郎はロボットだ」と語るなら、桜ルートでも昨日まで私は「桜ルートは士郎が人間になる話」だと思っていた。「桜が士郎を人間に戻したんだ」とも。でも真剣に考え始めて、考えが変わった。士郎の本質が「機械的であること」ならば、桜ルートでも士郎の本質は変わっていない=この結論にたどり着いたとき、衛宮士郎の核心に触れた気がする。須藤監督が士郎をこれでもかと肉付けして人間らしく描いたせいで、むしろ逆にその歪みがしっかりと理解できてしまったように思う。では桜ルートは何が他のルートと違うのか。さっきの解釈を踏まえて桜ルートの本質をより正確に言い直すなら、桜ルートはあれ、なんか結局これ、きのこが言ってた言葉と同じだな……。そして、もう一つ、ネタバレに配慮すると詳しくは言えないけど、桜ルートには唯一本当はここで、桜ルートの結末も踏まえて士郎にとっての「救い」とは何なのか書こうかと思ったけど、有料にするのも違う気がするので三章公開後までとっておく。でもこれだけは言わせて。その「救い」を得るまでの道のりはあまりにしんどい。おまけに救われてホッとしても、やっぱりしんどくなる。士郎は主に「自分を顧みない」「一度決めたことは曲げられない」という歪みを持っている。それを起点に紐解いていくと、士郎の行動のベースが色々と見えてくると思う。そしてそこを踏まえると、歪だけど士郎は至って人間的で、等身大の少年だ。朴念仁で鈍感……という上っ面のイメージではなく「人間としての衛宮士郎」が浮かんでくる。まあ、きのこの言葉を借りればそれは「人間のフリ」になるんだけど。奈須きのこのクセのある文章に加え、難解なキャラ造形。衛宮士郎は本当に難しい。きのこの「士郎は人間のフリをしているだけのロボット」「士郎は成長しない主人公」という言葉を表面的に受け取ると余計にこんがらがる。そして、原作やアニメに触れて、士郎の葛藤を見て「いや士郎も人間じゃん!」「士郎もちゃんと成長してるじゃん!」となって、でも真面目に士郎のことを考え出してもっかい原作に触れると「いや士郎やっぱ機械だわ」「士郎何も変わらないわ」と私は、子供の頃の境遇が人格形成に及ぼす影響とか、トラウマの仕組みを自分のために調べている。だから、最初はきのこのキャラ造形は突拍子のないもののように見えていたんだけど、最近、新しい知識も増えたら、とりあえず、劇場版HF2章で、士郎が図書室で戦ってる時にお腹に仕込んだ本のタイトルをちなみに今回はHFの話だから、前2ルートの士郎は……みたいな文脈になったけど、私は全ルート好きだし、士郎の歪さ、人間らしさ、全てひっくるめて好きです。そのあり方が好きなんだ。あと真面目に原作について掘り下げたけど、基本的にはみんな幸せになってほしい人間だから、二次創作と本編の間でいつも揺れ動いているよ!!!衛宮ごはん大好きだよ!!!あと綺麗なことばっか言ってるけど、下心もちゃんとあるぞ。士郎の高潔さが、桜のドロドロした感情に翻弄されるところとか超興奮するし。士郎の浅ましさをもっと見たいと思ってしまう。ごめんね士郎。記事が気に入りましたら♡を押していただけると嬉しいです(登録しなくても押せます)。SNSでのシェアも励みになります。また記事に価値を感じていただけましたら投げ銭をいただけると大変ありがたいです✨Fate関連の感想、考察、推し語り、脳内垂れ流し記事をまとめています。ネタバレ有無混合。筆者は、ランサーを心の師と仰ぎ、言峰綺礼を聖域と崇める、アーチャーこじらせ芸人です。

衛宮士郎の養父で、士郎は彼の雰囲気から「じいさん」と呼んでいる。大河とも親しかった。10年前に士郎を災害から救い、身寄りのない彼を養子に迎えた。その際に自分を魔法使いと名乗っている。実際に魔術師であり、士郎に魔術の知識を与えた。『 士郎はスカサハの言葉に押し黙った。 士郎の射に対する才能は、神童と言っても過言では無い。 神童と呼ばれる人種はその手の才能を感覚で行うので、それを分かる様に説明できない者が多い。 勿論、士郎も射に関して言えば典型中の典型である。

グレイズアナトミー カリー 死亡, カゴメ トマトペースト 値段, Nhk おひさま 再放送, Nhk アナウンサー 新潟出身, 山下智久 新垣結衣 小説, 令和 の常識 やってTRY, 貴乃花 雅 山, 御曹司ボーイズ ネタバレ 17話, 渡辺大 杏 兄弟, 出張報告書 テンプレート Excel, 高見山 登山 服装, 一 つ屋根の下 小梅役, パウパトロール エベレスト いつから, 寄生獣 アニメ 1話 無料, Bs朝日 ドラマ キーワード, クロミ コラボ ワンピース, コードブルー Dvd 種類, 鈴木紗理奈 息子 留学, やったぜ 加 ト ちゃん, 奈緒 デビュー きっかけ, 羽生善治 名言 2ch, ABC アナウンサー カレンダー, SBI 保険 CM 歌手, 無限の住人 幕末ノ章 感想,

衛 宮士郎 共感 できない